ものずきな人?・・・

鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2017年11月16日木曜日

始まった

 昨日は平成29年度の猟期の解禁日だった。
解禁日とあってグループ総勢19人が集まった。今期から始めて銃を持つ新人も何人か加わった。
この日は勢子をやるのかと思っていたら、タツマを任される事になった。
入ったタツマは二猟期前に入った事があって、でっかい雄鹿を獲り逃がした場所だった。
天気がよく日当たりがいい場所で、この時期にしては暖かい。
うとうとしながら待っていると、上のタツマで銃声が聞こえた。
警戒してると、斜面の上の方を雌鹿が二頭走って横切ろうとしている。
見上げる状態になり、一瞬バックストップが気になった。
狙いを付けて「撃てる」と思ったときにはちょっと遠かった。
二発掛けたがそのまま逃げられた・・・
また暫く待っていると、今度は稜線を雌鹿が下っていくのが見えた。
この時もバックストップが気になって瞬時には撃てなかった。
狙いを付けて撃てるところで撃ってみたが、やっぱり遠くを動く獲物には中らないw
下のタツマに行った事を使えたが掛からなかった様だ。
この日は解禁日とあってか、各タツマに万遍なく獲物は現れたみたいだ。景気よく銃声が聞こえたw
結局全部で鹿7頭が獲れた。まあ幸先良い猟期の始まりだ。今猟期も事故無く楽しんでいきたい。
猟仲間が安っさんのナイフを持ってきた。
fielderってアウトドア(?)雑誌の特集に出ていたものらしい。
2incちょっとしかないが、こんな大きさでも鹿は十分解体できる。
今度借りて使ってみようw

RWL34のドロップを使ってみた。
概ねいい印象だ。
テストなのでちょっと無理な使い方をしてみた。高温焼き戻しだとHRcで62.2あったが十分に粘りもある様だ。
SPGⅡの様な刃先が劣化してきているのに、まだジャリジャリ切れるっていう感じはない。その代わり研ぐのが簡単で、総合的に見てニュートラルで癖がなく使いやすい。
高温焼き戻しなので耐食性に難がありそうに思ったが、まだちょっと分からない。もう少し使い込まないといけないな・・・


2017年11月12日日曜日

東京刃物off会

 昨日は刀剣ナイフ鑑賞会に行ってきた。
主催の片山さん、岡山からお疲れ様です。







写真は大雑把にしか撮らなかったので、説明抜きで画だけ貼ります。
雰囲気が分かればいいよねw












今年は参加者多くて(60人ちょいいた?)じゃんけん大会でなくクジ引きだった。
景品は結構多かったので、多くの人にいき渡ったんじゃなかろうか。
コールドスチールのナイフを貰ってきた。
もう時期猟期になるから、解体小屋に置いてみんなで使ってもらおう。

off会参加の皆さん、お疲れさんでした~

2017年11月10日金曜日

あひるさんの贈り物

 あひるさんから贈り物が届いた。
明日の刀剣ナイフ鑑賞会の景品にとの事。
ありがたや~


 肥後守タイプのフォルダーはD2のストーンウォッシュ仕上げで、ハンドルはビンロウ樹らしい。
立派なシースも付いている。
これいいなw

えらく小っちゃいコマはよく回るなw
NCで削りだしたらしい。

軸に超硬のボールが圧入してあるそうだ。
よく回る訳だ・・・

 これもNC削り出しのペンダント二つ。
何かの機能がありそうでないデザインがなんともいいw

あひるさん、ありがとうございます。

今年のoff会は参加者が66人超えてるらしい。
じゃんけん大会大変な事になりそうだなw


昨日から仕込んでた鹿シチュー出来た。
今年も持ってく。
はたして無事に持って行けるのか・・・

2017年11月6日月曜日

間に合った

 積層VG10の端材で作ったペーパーナイフが熱処理から上がってきた。

刃を付けて適当に表面を磨く。

廃バッテリーの電解液に漬け込む。
 半日ほど漬けといたらいい具合にエッチングできた。
飾りに革紐編んでおく。

 タレを浸み込ませた。

大体乾燥して出来上がり。
今週末のoff会の景品に間に合った。
名入れしたかったが、ニッケル層はエッチングできそうにないな・・・
当日に片山さんに彫ってもらうか?w

2017年11月4日土曜日

いい味わい

 この前の日曜日に紅玉を買ってきた。
最近のりんごに限らず果物全般は、ただ甘いだけで酸味などが少なく味わいが薄い感じがするが、紅玉は酸味があって昔ながらのりんごの味があっていい。
そのまま食べても美味いが、ジャムを作ってみる事にした。

この前買ったハイスの包丁使ってみた。
買ってそのままの刃だが、まあまあ良く切れる。薄い刃は使いやすくていいな。

りんごが1.1㎏だったので、グラニュ糖は500g入れた。
弱火で焦がさない様にひたすら煮る。


煮崩れて水分を適度に飛んだら出来上がり。

湯煎した瓶に詰め込んで出来上がり。
皮付で煮たので、赤い色合いになってなかなかいい。
果物は適度な酸味や苦味があった方がいいよな・・・

2017年10月31日火曜日

シースもやっとく

 ちょっとだけシースを進めておく。
折り返しの溝切る。
革の厚みの2/3ぐらいの深さまで彫る。
中川さんから聞いたが、革の強度の7~8割は銀面にあるんだそうだ。
 ベルトループの折り返しの部分の銀面を漉く。
折り返してしわになる部分を取ってしまう感じ。
しわになる部分は強度には寄与しないから、漉いてしまってもいい訳だ。
とりあえずベルトループの縫い代部分を接着。
今日はここまで・・・

2017年10月27日金曜日

組織に問題


削り込んでみたが、やっぱりパリパリ刃こぼれする。
やけになって金床に叩いてみたら、バリバリと刃先が崩れる。
延性がなく脆性破壊している。
単に硬いのではなく組織が粗く脆いみたいだ。
熱処理なのか、その前の鍛造に問題があるのか・・・
まあしょうがないなw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。