鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2008年1月20日日曜日

キッチンナイフ その8 と 汎用ナイフ その11 

まずはキッチンナイフ。 ダイヤヤスリを使ってハンドルと一緒にタングを削り込む。水をつけながら行う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
水ペーパーでハンドルを磨く。細部の整形と大きな傷を取っていく。240番からはじめる。
ペーパーはブレイドを研磨した時の使い古し。適度に砥粒が取れているので、ハンドル研磨には丁度いい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
汎用ナイフの方も同じ様にやる。ヒルトとブレイドバックの継目の部分を、ダイヤヤスリで削ってるところ。
コンシールドなのでタングが露出してないから、少し手間が省ける。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒルトとハンドルの継目は要注意。うっかりするとハンドルの方が多く削れてしまう。
キリオンの部分は半丸のダイヤヤスリの柄(ゴムが掛けてある)にペーパーを巻いて磨く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
曲面の部分は硬質スポンジを当板にして磨く。
ペーパー掛けは磨く部分によって当板を色々と変えて行う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は240番を掛けて終わり。 (なかなか進まねぇな・・・)
よく洗って乾かしたら、また桐油を塗っておく。




0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。