鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2008年9月28日日曜日

山刀 その10

ヒルトの穴を整形する。
罫書線をたよりにヤスリを駆使して削る。快削のニッケルシルバーなので、サクサク削れる。
あわてずに線を確認しながら削るのがコツ。
面倒な作業ではあるが、馴れてくると結構楽しい作業だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リカッソの面は磨かれて若干薄くなっているので、それに合う様にタングを少しおろしておく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒルトの穴が大体整形できたら、ブレイドとの嵌め合いを見ながら少しづつ微調整していく。
ヤスリとヒルトを手で持ちながらやるといい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっと合体。
ロウ付するなら木ハンマーで叩いてやっと入る程度に作った方がいいが、接着剤を使うなら確実に充填できる様に若干ゆる目に作った方がいい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒルトの端面を磨く。
前端面は2500番まで掛けておく。
素材のままだと意外と面が出てないので、後端面も磨いて面を出しておく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピン穴をあける。
切粉が噛まない様に注意して慎重に。
貫通する時に持上がる事があるのでしっかり固定しておく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これでやっと熱処理に出せる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけ。
めいはあともうちょっとで体重が1kgを超える。
あっと言う間にでっかくなりそうだ。 

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。