鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2009年1月18日日曜日

このところ、野暮用とめいの散歩に時間を取られて今回もネタが無い。まあ、ブログ書くためにナイフ作りをしている訳でないので、ご勘弁のほど。
 
ナイフネタがあまりにも少ないのも何なので、ちょうど包丁を研いだのでこれでも。
上から、85mm 約3mm厚 CRMO7 シャム柿、150mm 約4mm厚 ATS34 黒檀、170mm 約3mm厚 CRMO7 紫檀。
今まで作ったナイフで、この3本が一番よく使われているかもしれない。(もっとも使ってるのは、うちのお袋様だけどw)
一般的に家庭用の三特包丁だと刃厚は1.5~1.8mmぐらいだが、3~4mm厚でも刃幅一杯の平造りで作れば十分に実用になる。馴れると剛性があるので、かえって使いやすく感じる。
うちのお袋様は雑に扱うので、水に濡れたまま包丁入れに仕舞ったりして、ATS34だと結構錆が発生する。また、使い込んで刃先が劣化する前に、洗物の時に茶碗などにぶつけて駄目にする事が多いので、研ぎやすく錆びにくい(錆びない?)CRMO7は包丁には打って付けだ。
包丁(キチンナイフ)は刃幅が広いので作るのに苦労するが、普通のナイフと違った面白さがあって楽しい。日常生活で一番身近な刃物だからね。
 
おまけ。
じゅんはちょっと元気になってきて、食欲も回復してきたみたいだ。

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。