鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2009年11月10日火曜日

今日も削った

今日はもう片面のベベルをやった。
ブレイドベベルの荒削りはこれで出来上がり。あとはスウェッジを削るのだが、ブレイドベベルとの間の鎬の面がちゃんと残せるだろうか・・・

 
おいらは150mmの細目か中目を使って、ブレイドの長手方向に掛けて鉄工ヤスリの切削終わりにしている。この状態だと結構深い傷が残っているが、そのまま気にせず研磨に移ってしまう。油目や目の細かい組ヤスリを使う手もあるかもしれないが、どうも切粉がひっかっかたりして面倒なのでやってない。
フラットグラインドの場合平面性を気にするが、おいらは鉄工ヤスリの段階で面が出るようにしてる。オイルストーンを使って、後から面を出す方法もあるのかもしれないが、オイルストーン自体の面修正が面倒なのでやらない。
面を先に出しておいて、後はペーパーで磨くのが楽だ。多少研磨ダレができるが、あんまり気にしないw

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

オイルストーンの修正はダイヤ砥石でできますよ…
ちっちゃいから5分くらいで終わるw

ものずき さんのコメント...

そうですね~
でも修正の頻度が多くなると面倒くさくて・・・w
それとオイルストーンだと研磨中にたまに引っかかって傷になることがあって、おいらはどうも駄目だ・・・
いいオイルストーンを使った事ないからなんだろか?w

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。