鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2009年11月23日月曜日

忘れた頃に・・・

ZDP189 のやつが、やっと出来上がった。
約2.5incの2.5mm厚、カリンの瘤ハンドル。
削り始めたのが去年の10月頃だったから、一年以上かかったか・・・途中ほっぽらかしてたからなw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なぜか継目が目立ってしまった・・・orz
カリンは加工性はいいが、瘤だとヒビが入りやすくて扱いにくい。加工中に目にゴミが入って汚れやすいのも難点だ。
だが木目の面白さはなかなかいい。
久しぶりにZDPを使ってみたが、このぐらいの大きさなら、研ぐのもそんなに苦にならなくていい。研ぎ上げると滑らかな刃が付いて、気持ちよく切れる。
ここまで硬くなくてもいいから、粉末鋼の利点である組織の細かさを生かした鋼材が出てくれると面白いのだが・・・
 
 
 
 
 
 
借り物のデジカメなのだが、いまいち使いにくい。
あんこの右目は今だにウルウルしっぱなし。なかなか治らんな・・・
人相悪いぞw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ファイターに取っ掛かりはじめた。
ブレイドベベルの荒削りが終わった。
やってるでぇ~

14 件のコメント:

デおじさん さんのコメント...

始まったね。

匿名 さんのコメント...

これは・・・・・

どっかのあぶないおっつぁんの注文っすか?

ものずき さんのコメント...

デのとっつぁんもやってっか?w

そうそう、あぶねぇおっつぁんの注文ですがなw

匿名 さんのコメント...

おっつぁんは喜ぶだろうなぁ~~

見て楽しむナイフってぇのもありっすな

匿名 さんのコメント...

おっつぁんは喜ぶだろうなぁ~~

見て楽しむナイフってぇのもありですね

ものずき さんのコメント...

喜んでくれると嬉しいね~
作り甲斐があるってもんだw

さんのコメント...

ZDP189ってさ、やっぱ硬いかなぁ

ものずき さんのコメント...

硬いって思うのは研いだ時かな。
使ってては刃を欠く様な事しない限り、切味がいいとか切れ長するってのは感じても、硬さを意識する様な事ってない気がする。
小さいナイフだとそれほど研ぎにくさを感じないから、こういうのにはいい鋼材かもしれない。
ある程度大きいナイフだと、やはり研ぎにくく感じてしまう。
研ぎにくさはもしかしたら、硬さよりも特殊炭化物による、耐摩耗性が良すぎるためかもしれないね。

匿名 さんのコメント...

なるほど

匿名 さんのコメント...

チョットヘタってて。
ボチボチやりますわ。

ものずき さんのコメント...

インフルにでもかかったん?

匿名 さんのコメント...

ああ、近いナ

ものずき さんのコメント...

元気出しとくれ~

匿名 さんのコメント...

アンガト

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。