鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2010年11月5日金曜日

ちょいちょいとやっちまおう

R2を削ってみた。
やたらとサクサク削れる。CRMO7より削りやすいかもしれない。
模様が見えるので、これを目安にすると削りやすいなw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片面削ったら、削った側の方に反ってきた。どうやら表面付近に、伸びようとする残留応力がある様だ。
ATS34なんかも反ることがあるが、その場合は削った反対側に反る事が多い。
そういやZDP189(無垢材)は削った側の方に反ったっけな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
反対側も削って荒削り終了。あっという間に出来てしまった・・・
反ったままに反対側を削ったら、反りが戻って真直ぐに戻った。面白いもんだなw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ATS34の小ナイフはヒルトが出来上がった。
タングはコンシールドだと、ハンドル二枚に割って溝切るのが面倒になったので、穴あけて差し込む方式に変更した。上手くいくかはお楽しみw

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

武生さんにお聞きした時に
圧力を掛けてクラッドにした
鋼は開放されると反りたがる
云々と言う面白い話を詳しく
教えていただいたのですが

私が馬鹿なのと携帯の電波が
悪くて肝心なところは聞き取れなかった

もはや聞きようも無い

R2初期の感じはどうなんだろうな
エッジを薄く仕上げてくだせい
興味津々しんしん


ものずき さんのコメント...

R2は今まで見た事ないほど反ってビックリですた。
なるほどクラッド鋼というのは、かなり残留応力を持ってる物の様ですね。
裏表非対称だと焼曲がりが凄そう・・・
もうすでに削りすぎて刃先がペラペラですw
真空炉で熱処理した方がいいかな・・・

匿名 さんのコメント...

なんか、量産体制やね。

ものずき さんのコメント...

練習にはちょうどいいよ。
端材だから安いしねw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。