鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2011年9月4日日曜日

面白いものがあるもんだ・・・

ハンドル磨いた。
ブレイド研磨に使った耐水ペーパーで水研ぎする。
とりあえず320番掛けて終わり。また桐油を塗っておく。


ちょいと用事があって出かけたので、ついでで本屋に寄ってきた。
某刃物専門誌?を立ち読みしてきた。(買いませんでした、ごめんなさいw)
あるナイフメーカーの「フリクションフォージング」というのに興味をもった。

どうやらFSWの応用と思われる。FSWとは摩擦攪拌熔接の事で、フライスの様な(実際フライスを改良した物だったりする)機械で、ビットを接合部に押し当てて回転させる事で、発生する摩擦熱により熔接する方法。(詳しくはぐぐっておくれw)
FSWはアルミボディーの電車の生産に使われている。入熱が局所的なので熱変形が少ない事と、大気中でアルミを熔接できるので、近年よく使われている。

ナイフメーカーの詳しい製造工程は書かれていなかったが、刃先以外はHRCで40ちょっとと書かれていたので、おそらく外形切り出し(レーザーカット)後に熱処理を行ない、高温焼戻しで40ちょいの硬さとし(もしくは熱処理した鋼材を形抜き?)、刃先になる部分を「フリクションフォージング」し、これを切削加工しているのではなかろうか。
「フリクションフォージング」の加工自体は瞬間的に溶融状態から冷却凝固する事と攪拌の効果により、解説に書かれていた様に炭化物の微細化がおこるのかもしれない。

D2鋼を使用しているらしい。テストの結果D2にしたような事が書かれていたが、ATS34はこれには使えない様な気がする。ATS34はMoが多く入っているから、大気中での加工ができないのではなかろうか。無論粉末鋼も使う意味はないだろう。コスト的にもD2がよいのかもしれないな。

とても興味深い技術ではあるが、はたして実際はどうなのだろうか?
D2の巨大な共晶由来の一次炭化物は何処まで細かくなるのだろうか。
刃先の組織写真が見れたらなぁ・・・

13 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

コストの問題やろうけど、
張り合わせの方が、多用途で
安いと思う。

ものずき さんのコメント...

鋼材メーカーがあらかじめ調質したの使うなら、意外とコストは安いかもしれないね。
ぐぐってたらHPに動画があった。
http://www.diamondbladeknives.com/videos.asp
FSWによく似てる。なかなか面白い事考えるもんだ・・・

匿名 さんのコメント...

考えたら、アマチュアの
鋼材の使いかたって、贅沢やねw

ものずき さんのコメント...

確かに贅沢すぎるわな。
それに手間と暇も沢山かけられるしねw

たかみ さんのコメント...

>>ATS34はMoが多く入っているから、大気中での加工ができないのではなかろうか。

鉄鋼材料入門という本を読んでいたら脱モリという言葉がありました。そのことでしょうか?
ATS34を鍛造しているのを見かけますがそれも良くない?それとも表面を削れば大丈夫なのでしょうか?

匿名 さんのコメント...

鋼材の加工は、やった人でないと
解らないと思う。
やってない人に聞いても解らない
じゃないかな?
でもATS34は普通に作ってもナイフとして
十分な性能が有ると思う。

ものずき さんのコメント...

ATS34ぐらいにMoの含有が多いと、脱モリの影響があると思います。
鍛造したATS34の刃物を使った事がないから分りませんが、鍛造により更なる基地の結晶粒と二次炭化物の微細化の効果はあると思いますが、一次炭化物はそれほど小さくはならないのではないでしょうか。費用対効果で考えると、はたしてどうなのか・・・
ATS34を鍛造するならば、厚みに余裕を持って、仕上げに表面を削り込んでやるといいのかもしれません・・・っていうか、この辺はたかみさんの方が詳しいんじゃないでしょうかw
そうそう、たかみさんのブログをリンクに張っていいでしょうか?

確かにやってみないとわからん事ってのは多いけど、先人達の知恵を総合すると解ってくる事もある。経験ってのはとても大事だけど、本を読んだり人に聞いた事で得た知識ってのも同じぐらい大事だよ。
普通に使う分にはATS34は十分な性能だけど、その先に何があるのかってのは興味がわくねw

たかみ さんのコメント...

デビル様、仰るとおりです。
けど色々知りたいのも山々で。

ものずき様、ATS34オーバーヒートすると細かい亀裂が入るし中々伸びないし、高いしで未消化です。
焼入れの管理も無理がありますし。
昔ナイフマガジンで鍛造比6?でよい結果が出たとか読んだので、どれほど違うのか興味はあります。

リンクはOKです。

ものずき さんのコメント...

噂ではATS34はえらく鍛造しづらいと聞いた事がありますが、やはり本当だったのですね。
鍛造する事でさらによくなるのかというのは興味があります。一体なにが変わるのか・・・
一方で、はたして掛けた労力に見合っただけの改善があるなか?と疑問もあります。
自分では鍛造はできませんが、この辺の事はとても興味深いです。
リンクの件ありがとうございます。

たかみ さんのコメント...

ものずき様
こちらからもリンクさせていただきました。

ものずき さんのコメント...

ありがとうございます。
これからもよろしくです。

ものずき さんのコメント...

あれ、たかみさんはなんでデおじさんの本名(?)知ってんだ?w

匿名 さんのコメント...

チョッと待てw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。