鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2012年2月10日金曜日

ハンドル仕上げ

ハンドル磨いた。
2500番までペーパーを掛けたあと、コンパウンドを使って布で磨く。ヒルトの端面の角はシースに引っかからない様に適度にダレさせる。実はこれが結構面倒だ。バッファー使えば楽なんだろな・・・













おまけ。
売り物ではありません・・・

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ハンドル磨いた後に残った研磨剤ってどうしてます?
僕は中性洗剤と歯ブラシで洗ってるんですが。

ものずき さんのコメント...

木材ハンドルの木目に残るのは、雄さんと同じ様に中性洗剤と歯ブラシで落としてます。
でも大抵布で磨いてるうちに落ちちゃうので、ほとんど残る事ってないみたいです。

匿名 さんのコメント...

丁寧に作ってるな。
大阪のアマチュアで数百本作っていて、
ナイフの戸棚を作って、全部飾っている
人がいてるらしい。

匿名 さんのコメント...

なんだかエライ事になってるなぁ

匿名 さんのコメント...

この間コンパウンドで磨いたのですが、光沢が出ませんでした。

何のコンパウンドを使ってらっしゃるのですか?

シンヤ

ものずき さんのコメント...

数百本全部飾ってるって凄いな。
手元に残ってるナイフはシースに入れたままで、プラコンテナにつっ込んであるw

手放すのが惜しくなりそうだw

コンパウンドで磨く前まで何番まで掛けてるのでしょうか?
2000番以上まではペーパー掛けした方がいいです。
木材ハンドルの場合おいらは樹脂含浸した物は使わないので、研磨後に桐油を滲み込まして、よく乾燥してからコンパウンドで磨いてます。
コンパウンドは「マザーズ」っていうのを使ってます。たまたま持ってたから使ってるだけで、他にもいいものがあるかもしれません。(固形ピカールでもいい?)

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。