鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2012年11月27日火曜日

コーラビンみたいだな・・・

鍛造暴威ナイフにハンドルを付ける。
ここ何日かでやってた事をまとめてみた。

鹿角の髄をドリルでもんで、ヤスリでザクザク削り取る。
木材ハンドルよりも加工しやすくていいかもしれないなw

ハンドルとヒルトの間にはスペーサーを入れる。
1mm厚のファイバースペーサーと真鍮板を重ねる事にした。
ファイバースペーサーって切り難いだな・・・
切った時に微妙に歪むので、軽くダイヤ砥石で面を出しておく。














あらかじめ接着して積層する。
瞬間接着剤で張付けて、クランプで圧縮した。
瞬間接着剤は「瞬間」とはいっても一瞬で固まる物でないので、落着いて作業すれば失敗する様な事はない。
ヒルト側にスペーサーを接着してから、ハンドルをエポキシで接着する。
鹿角の穴の中にエポキシ接着剤をシンナーで溶いた物を最初に流し込み、ある程度滲み込んでから通常のエポキシ接着剤をタングに塗って固定する。
白骨化鹿角はスカスカしてるので、シンナーで溶いたエポキシがよく滲み込む。
ある程度成形してから、タングのピンとソングホールの穴をあける。
ソングホールはちっとあけにくい。
前に埼玉の鈴木さんに、「エンドミルでもんでからやるといい」と教えてもらった。
5mmのエンドミルで表面をちょいっと削る。
エンドミルで削って平らになったところをドリルで穴をあける。
なるほどうまくいったぞw
鈴木さん、ありがとさん~
ピンとパイプを付けて成形。
荒削りの終わったら桐油をシンナーで溶いて塗った。
カサカサだった肌に潤いがもどるw
余程スカスカしてるらしくよく滲み込むだな・・・

ハンドル前半部は薄めで、中央付近で厚みが盛り上がる様な形状にしてみた。
いつもなら直線のテーパーにしてしまうところだが、この様な形状ははじめてやってみた。

今使ってる8inc暴威ナイフはハンドルが薄めで、ナイフとして使うにはいいが、鉈みたいに振って使うと滑って飛ばしそうになって怖いw
もともと振り回す事はあまり考えて作ってなかったのだが、使ってみると鉈としても結構使えた。
今回はその反省で、ハンドルはボリュームある形状にしてみた。
先端を持てばナイフとして使えるし、やや後を持って鉈代わりにも使えるというつもり。
まあ、使ってみてのお楽しみだわなw

12 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

鹿の角は桐油塗るといい艶になりますね~。
そして、ハンドルの形状がまた豊かで面白いです! どんな感触なのか、握ってみたいですね!

シンヤ

ものずき さんのコメント...

鹿角っていうとサンバーかそうでないと蝦夷鹿を使うのが多いみたいだけど、意外と和鹿の角もいいですよ。
時期になるとマトリックスアイダで落ち角が安く売ってるから、これが狙い目ですよw

gfd さんのコメント...

ファイバースペーサーを均すってのがびっくりです!
染角の表面も染めたては単色でのっぺりな感じでしたが、徐々に表情が出てきてる感じがしますね。摩擦や油分がいいんでしょうか…?

K職人 さんのコメント...

カッコイイ~ですね~!
完成形が楽しみです

サイタマのナイフ屋 さんのコメント...

思い切っって削っただね、いい感じだな

匿名 さんのコメント...

ケツのスはそのままなん?
デ

ものずき さんのコメント...

落ち角は油分が抜けてカサカサ状態ですが、油を滲み込ます事でもとの状態に近くなるみたいです。
強度的には獲った角(生角?)とさほど変わらないみたいだから、改質して使うと考えれば、素材としては悪くなさそうです。

ちょっとハンドルが大きめでゴツイですが、なかなか面白い出来になりそうですw

大ベテランにそう言っていただけると嬉しいですw
穴あけは教えてもらった通りにやったらうまくいきました。ありがとうございます。

お尻のスについては書き忘れただw
古くなって使えなくなった瞬間接着剤を滲み込ませただよ。

匿名 さんのコメント...

ワシやったら貨幣をはめ込むなw
デ

ものずき さんのコメント...

500円玉がはまりそうだぜw

匿名 さんのコメント...

是非やろうぜw
で、話は変わるけど、キミんとこの
フロンテはSS?
デ

ものずき さんのコメント...

それはちょっとまずいなw
うちのはSSじゃなくて普通?のフロンテだよ。
SSはアルミシリンダーだったんだよな。
うちの親父の話じゃピーキーで乗りにくかったらしいな。

匿名 さんのコメント...

そうなのか。
是非復活させてやってくれ。
デ

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。