鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2013年6月3日月曜日

グニャグニャだ・・・

槍のつづき。
レースを伸ばすために赤める。
七輪で炭火でやってみた。
コンプレッサーのエアーを噴いて火力を上げる。




バールである程度開いたら、万力で挟んで伸ばした。
伸びたら七輪に入りきらなくなってうまく加熱できない・・・埒が明かないのでバーナーも使って炙る。











伸ばし終わったら熱いうちに灰に投入してさめるのを待つ。
なんとなく平になったけどグニャグニャだな。
はじめから刃物用の平な鋼材使った方が幸せだったかもしれないw
どうするかな・・・

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

慣れない鋼材で作って、コッチもアッチも
命が掛かってるんで、よくテストせんと
アカンやろねw
デ

ものずき さんのコメント...

硬さは必要ないからさw
炭素鋼で適当に焼が入った程度に作るのが安全だで。

匿名 さんのコメント...

それと、この手は錆びやすいでw
デ

匿名 さんのコメント...

是非アラスカで実地テストをww

K職人 さんのコメント...

やり~ですか?
いったいどんなのが出来るのでしょうか?
フクロナガサだからやはりパイプと溶接するのかな?やはり両刃で?

ものずき さんのコメント...

錆びたっていいがな~
刺さりゃいいんだでよw

アラスカは遠いな・・・
実地テストは長野だw

熔接でくっ付けますだ。
ダガーに間違われつとやっかいなので、普通にナイフみたいにするつもりです。
しかしうまく出来るかは・・・?

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。