鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2013年8月17日土曜日

日焼けの季節?

謎の鋼材Xスキナーのシースは数日前にウェットフォームが乾いたので、いつもの様にタレに漬け込んだ。
どれぐらい染込むのか量ってみたら、約26gだった。
4incで比較的大きいサイズなのと、おいらの場合ドブ漬けで、中子にまで染込むまで漬けてしまうので、使う量がちょっと多目なのかもしれない。
タレの固形分は約17%なので、完全に乾燥すると4.4g程度の油脂と蝋分が染込んでいる事になる。

タレが乾燥したら、おいらの場合はラノリンを銀面と床面に薄く塗っている。中側の指がとどかない所はヘラや棒を使って塗る。
タレ漬けだけでもいいのだが、なんとなくやっている。中の床面に塗っておくと、ナイフを抜き差ししても革の粉が出ないで済む。
キリオンの滑る部分は蜜蝋を薄く塗っておくといい。

今の時期は日に干しておくといい色になってくる。
以前は直射日光に晒すのは如何なものか?と思っていたが、色々やってみたが革が劣化する様な事はない様だ。
左がタレ漬け前の鍛造ドロップ用のシースで、右のはいつも使ってる3incセミスキナー。
色はこんな具合に変っていく。
ヌメ革は表面に何も加工してないので傷や汚れが付きやすいが、使っていて経年変化を楽しむのにはいい。
革だって意外と水にも強いから、やっぱりおいらは革のシースが好きだw

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

やはりレザーシースは良いですね!
ダブルステッチでストレートな形だと、
先のほうのナカゴが大きくできるので
ポイント保護にも有利そうですね。

HILTS

クロウサギ さんのコメント...

レザーシースは、この経年変化が楽しみですよね。
使い込んだシースや手入れのされたシースってシブいし、美しいです。
実用はカイデックスとも思いますが、レザーも実用性は必要十分ですし、何よりも、ラブレススタイルのナイフにはレザーが似合います。

ものずき さんのコメント...

ラブレスポーチはキリオンの大きさでシース自体の幅が決まってしまうので、無理に細くしようとするより、寸胴気味に作ってしまったほうが、おっしゃる様にポイント付近の強度が保てていい様に思います。

革は使い込んでくと独特の風合いになっていいですね。
カイデックスもいいところがありますが、革も実用で使ってもなかなかいいですよね。

クロウサギ さんのコメント...

カイデックスとレザーを組み合わせた、これまで見たことがない(個人的にはですが)シースを入手しましたよ。
カイデックスをレザーで包んだという感じです。
製作者も初めての試みということでしたので、表面のレザーが使い込むとどうなるか楽しみなんですがね。
(機会がありましたらご紹介したいですね)

ものずき さんのコメント...

それどんな物なのか気になりますねw
カイデックスに革張りしたシースといえば、田邊一寿さんが印象的です。なかなか凝った作りで見事な物でした。

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。