鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2013年8月8日木曜日

ハンドル付いた

 鍛造教室で作ったドロップ。ざっくり作ればいいから、結構作業は早く進む。
ニッケルシルバーでヒルトを作った。
ヒルト付ける前にマトリックスアイダでマークを入れてきた。
炭素鋼なのでブレイドベベルはそのうち研いでしまうだろうから、マークはリカッソに入れた。
 タングは芯金が焼きが入っていて穴あけが出来ないので、ヒルトは接着した後にポンチでかしめておいた。













ハンドルは落ち角を使う事にした。
エポキシ接着剤を充填してタングを突っ込む。
今回も愛情込めて、固まるまで手で固定したw


ハンドルもピン穴があかないのでピンはなし。
まあこの程度の大きさなら強度は大丈夫だろう。
さてハンドルどう削るかな・・・

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

エエカンジで味が出てるね。
欠けなきゃよいけど
デ

匿名 さんのコメント...

穴あけなしでも抜けにくいように
タングを削っていますね!
ハンドル整形も楽しみです~
HILTS

匿名 さんのコメント...

愛情接着お疲れ様ですw
角の形がいいから私だったらヒルトの境目を合わせたら、あとはエンドの面取りだけにするかも。

かない

ものずき さんのコメント...

一応研いでみた。
刃元が最初かけたけど、研ぎこんだらちゃんと刃が付いただよ。
今度はよく切れるだw

さすがよく見てますねw
エポキシだと剥離が怖いから、おまじないでやってみました。

愛情かけた分いいもの出来ますよねw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。