鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2014年1月4日土曜日

漉きなー?

今までオープンシースの中子のテーパー加工はサンドペーパーで削っていた。
何気にスキナーでやってみたら非常に具合よく削れる事が分った。
今まで何回かナイフでやってみた事はあったが、なかなか上手く削れなかった。

サンドペーパーでやると粉が舞って困るのだが、これだと始末が楽でいいや。
 刃が出っ張っているのとエッジのカーブが平面を削るには都合がいい。スキナーじゃなくて「漉きなー」だなw
研ぎ上げたスーパーゴールドⅡは滑らかな切味で刃持ちが非常によい。
木工加工に使ってもいいかもしれない。

4mm厚の鋼材で作ってあるのだが、この大きさならば3.5mmあれば十分だな・・・
頼まれ物のシースなのだが、部品がとりあえず揃った。
このところシース屋さんをやる事が多いだなw

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

たしかに押すタイプの革包丁は刃の形が丸いですから、
このスキナーのエッジ形状だとやりやすそうですね!

・・・って革漉きはしたことないですが(笑)

 HILTS

エンバン教祖 さんのコメント...

スキナーで漉きなーか、座布団一枚!
ものずきさん、シース作り上手いからね、(ナイフもダヨ)見たら頼みたくなるダスナ。!

匿名 さんのコメント...

アザイのオッサンとこのR2は
竹ひごを作るのに重宝してる。

ものずき さんのコメント...

革漉きできると、厚手の一枚で色々出来て便利ですよ。(めんどくさいけどw)

ありがとうございますw
あんまり頼まれると困ってしまいますけど・・・作るの面倒w

あの鋼材は薄手で大きさ的にも使いやすくていいねw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。