鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2015年1月14日水曜日

行ってみよう

マトリックスアイダに行って、昔作ったナイフに名入れしてきた。
もうかれこれ9年前に作ったものだが、ZDP189で研ぎにくかったもんで、使わずにお蔵入りになっていた。
これを作った時の端材で作った2.5incの小ナイフは散々使ったが、5incもあると研ぐのがめんどくさくて使う気になれなかった。(小さく薄いナイフにはZDP189はなかなかよかった)
ZDP189は鉄の地が硬いだけで炭化物自体はそれほど硬くはない様だ。そのせいかブレードを磨くのはそれほど難しくはない。研ぎにくいのは単に硬いからだけ。
地はそれほど硬くないのに炭化物がえらく硬いS30Vの方が、余程癖は強いのかもしれない。
ちょっと思いついて猟で使ってみるつもり。
3.5incと比べるとでっかいだな・・・

久しぶりのマトリックスアイダだったが、ラブレスが沢山入荷していた。
結構古いものみたいだが、どれもシースのしっかりした作りに驚いた。
いいもの見れたw
今ならいっぱいラブレスあるから、みんなも行ってみるだよ~

8 件のコメント:

クロウサギ さんのコメント...

ラブレスがいっぱい…
地方に住む者からすると、羨ましい限りです。

ものずきさん、何時間くらい見てたんでしょうか(笑)




ものずき さんのコメント...

仕事さぼって行ってたので、さすがに何時間も見てはいられませんでした・・・
時間があれば一日見てたいですねw

ぐんそう さんのコメント...

私も先日ネーム入れに行った際、
ラブレスの4inユーティリティーを見せて頂きました。
グリップやヒルトの形状を社長の説明付きで
アドバイスしてもらったので、次のナイフに
活かそうと思ってます。

さすがに5inあると迫力が出ますね~

ものずき さんのコメント...

お店行くと本物を手に取って見せてもらえるのがいいですよねw
東京近郊に住んでる人は恵まれてます。
5incもあると長すぎかな・・・もともとはキャンプ用って考えて作ったものですからw

匿名 さんのコメント...

ZDP189で5インチって・・・
工具達が悲鳴を上げそうですね~

ラブレス沢山!
せめて小僧さん写真いっぱい撮ってくれないですかね~

 HILTS

ものずき さんのコメント...

ATS34より3倍労力掛かったかな・・・
でも鉄工ヤスリでもなんとかなりますよw
小僧さんには寸法測ってといてってと言っときましたw

クロウサギ さんのコメント...

9年前のナイフ
チョイルがいいですねぇ。

個人的な乾燥ですが、ポイントへの背の傾斜ライン、もう少し延ばして緩やかなほうが、よりバランスがいいように見えます。(3~5mm、写真からの印象だけですが)

5incの長さ、その使用感、猟での報告を楽しみにしてます。

ものずき さんのコメント...

チョイルはあった方が研ぎやすくていいのですが、切るものが引っ掛かるので、このナイフはもうちょっと緩くしないと使いにくそうです。
クリップポイントのナイフはポイントへの傾斜のバランスが重要ですね。このナイフはちょっと短すぎですねw
ブレードに対しての傾斜の長さと、ポイントの落ち位置がうまくないと、カッコよくならないですね。

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。