鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2015年3月4日水曜日

もうちょっと

 ここ何日かは研磨をやっていた。
先ずはダイヤヤスリを使って、鉄工ヤスリの目を消していく。
100番の耐水ペーパーでもいいのだが、番手の低いペーパーはたわみがあって面がダレやすい。だからダイヤヤスリを使ってる。
オイルストーンでもいいのかもしれないが、面を直す手間だないのがいい。
 次は320番のペーパーを掛ける。
ダイヤヤスリはブレードバック側から斜めに掛けるが、次の320番はエッジ側から斜めに掛ける。
どうしても押す時に力が入って面がダレやすい。エッジ側は多少ダレても目立ちにくいので、320番を掛ける時はエッジ側からとしてる。

その次は600番。これは真直ぐに掛ける。
自分の場合はペーパーは倍ごとに番手を変えてやっている。ペーパーの研磨剤は隣り合う番手だと粒度がオーバーラップしているので、倍ごとぐらいに変えて磨くのがいいと思ってる。
鉄板を当て板に使ってベタに磨くというやり方なので、番手を細かく刻んでやると面がダレやすくなるってのもある。
600番まで磨けたら熱処理前の研磨は終わり。
もうちょっとで熱処理出せるな・・・

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。