鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2015年6月21日日曜日

シース作る

 一日暇だったのでシース作る。
先ずは型作る。
切り出す。
ベルトループのコバ磨く。
水付けて軍手で磨く。

 折り返しの溝彫る。
深さは革の厚さの半分から2/3ぐらい。
 ベルトループの折り返しも銀面を漉く。
折り返した時しわになる分だけ取ってしまえばいい。

床面に水付けて軍手で磨いておく。
 ベルトループの縫う部分を斜めに漉いておく。

 ベルトループの菱目を切る。
 内側は縫い目に溝を彫って、糸が沈む様にする。


ベルトループ縫い終わったら、仮のウェットフォームする。
自分の場合はシースの裏表の形状が対称になる様に作ってる。
人によっては裏面は平面的にして、表側に形を付けた作り方もある様だ。
どちらがいいのかは分からないが、好みの問題なのかもしれない。

中子の形状を決める。
 ベンズから中子を切り出す。
中子の位置決めしたら、空気穴をポンチであけて、刻印を打っておく。
 接着準備。
接着面は罫書針で荒らしておく。
 ウェットフォームから完全には乾いてないが、表面はほとんど乾燥しているので接着してしまう。
変成シリコーン系のスーパーXを使ってる。
生乾きで水分がある方が接着剤が固まりやすくて都合がいい。
一晩置いて固まるの待つ・・・

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。