鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2015年6月9日火曜日

狙いは何だ?

両面2000番まで終わった。
スーパーゴールドⅡは磨いていてもピンホールがほとんど出ない。
出ても極小さいもので、深くないので取りやすい。
この前使ったS30Vを思い起こすと、やはりあれは炭化物粒度が大きいと思う。
粉末鋼だからといって、全ての鋼種が組織が細かい訳ではないのかもしれない。
耐磨耗性重視とするならば、炭化物粒度はある程度大きい方がいい。
要は何を狙ってその鋼材が作られているかなのだろう・・・

なんだかな~w

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ふと思ったけど、ベアリングのカラーとかは、
炭化物のへこみが多かったら、それが油溜まりになって、
潤滑がよくなるかもしれん
ブリジストンのエンジンのポーラスメッキみたいにナーw
デ

ものずき さんのコメント...

それは疲労破壊に起点になるから駄目だな。
よく覚えてないけど、軸受鋼の炭化物平均粒度は0.6μm程度じゃなかったけな。
力が局所的に掛かる使い方だから、疲労破壊的にはかなり厳しいらしいよ。

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。