鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2016年3月20日日曜日

二本のセミスキナー






二本出来た。
ブレード形状はほぼ同じだが、ハンドル形状は大分違う。雰囲気がかなり違って面白い。
どちらも和鹿の角使ってる。
なかなか味があっていいとは思うが、あまり素人受けはしないだろうな。










先ず一本はスタンダードな形状のインプルーブド。
全長207㎜、ブレード長91㎜。
4.3㎜厚のATS34だが、ブレードは実質3.5㎜厚に削り抜いてある。











削り込んで髄が出まくっている。
エポキシが充填されているので隙間はない。

角本来の模様は背側に僅かに残した。
微妙に模様が残ってるのが面白みがあっていいか。


わざと隙間を大きくしてエポキシを充填しやすくしているが、充填されてしまえば隙間はそんなに気にならないか・・・
こんなもんでいいのかもしれない。












やや厚めに成形したが、このぐらいでもいいかもしれないな。


もう一本はクラシカルな雰囲気のインプルーブドにしてみた。

全長211㎜、ブレード長91㎜。
ATS34で元の厚さは4.3㎜だが、ブレードは3.4㎜に削り抜いてある。


背と腹に模様を残した。
鹿角なので左右の対称性は悪いし曲がりもある。
寸法的は対称性を出そうと削るのではなく、持ちやすさ
と雰囲気がいい様に削った。

















グルーブのひだに模様が残る様にけずったので、寸胴気味の形状になった。
シースに収める都合では前側のひだの方が低い方がいいのだが、後ろ側とほとんど同じ寸法なので、シースの収まりが難しかった。


まあ持った感触はなかなかいい。
この形状もありだと思った。
若干ハンドルが長い。自分の好みだと、もうちょっと短い方がいいかな。







やっと完成した。
自分でもなかなか気に入ったものが出来た。

業務連絡~
とりあえず出来上がったので、近いうちマトリックスの小僧さんに預けときます。
お気に召したら宜しくどうぞ~









2 件のコメント:

クロウサギ さんのコメント...

いいナイフに仕上がりましたね。
実用はもちろんですが、見た目も十分に魅力的ですよ。

引き取り手も現れたようですね。
手を挙げようかと思っていましたが、引く手あまたなようで…

ものずき さんのコメント...

ありがとうございますw
知り合いのコレクター(?)の方から頼まれて、気が向いたら作りますって事でやらしてもらいました。
カスタムメーカーじゃないので、注文で作るのは苦手ですw
こんな感じでって言ってくれれば、気が向いたら作りますよ~

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。