鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2016年3月3日木曜日

直った~

 デジカメ戻ってきた。
無限大のピントが甘くて修理に出してた。
レンズユニットの交換になるか?と思ってたら、新品に交換になった。
修理すると買った金額超えるらしい。
保証期間なので交換になったそうな・・・
要するに最近のコンデジってのは修理ができないんだな。
壊れたら新しく買ってくださいって事なんだろう。

ちょうどシース作ろうかって時に戻ってきたので、シースを作り始める。
先ずは板取り。
 折り返しの溝彫り。
大体革厚の半分から2/3ぐらいの深さに彫る。
床面とコバに水つけて磨く。
 ベルトループの折り返しの銀面を漉く。
銀面を浚う程度で深さはいらない。
折り返して皺になる分を取ってしまえばいい。
 ベルトループの先は漉いておく。


接着する。
自分の場合は仮付け程度に接着している。
縫ってしまえば必要十分な強度がある。


 菱目を切る。
 内側は糸が沈む様に溝を切っておく。

縫ったら木ハンマーで叩きしめる。
親の仇と思って叩くんだ~、と教えてもらったっけなw

仮のウェットホームする。

インプルーブドハンドルの場合、しっかりしたロックと収めたときにガタつかない様にするには、この時点で成形するのが肝心。

しばらく放置プレイ~
毎晩ハンドルをコンパウンドで磨いて、いい感じに艶が出てきた。
これもなかなか面白い出来になりそうだ・・・

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。