鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2016年12月26日月曜日

三日続けて

三日連休だったので解体小屋に泊まって猟に行っていた。
先ず一日目。勢子で山を歩いた。
途中で足を滑らしそうになって左手で木につかまろうとしたら、脱臼癖のついてる左肩が抜けた・・・
いつもは簡単にはまるのだが、足場が悪くなかなか元に戻らなくて難儀したw

この日はなかなか獲物が出ず、ボウズで終わりそうだった。
2ラウンド目をやろうとなって、タツマを張り直す。今度はタツマをやる事になった。
猟仲間と三人でタツマに向かうと、ワンコが急に鳴きながら走ってきた。見ると鹿を追って目の前を横切った。
猟仲間の一人がすかさず二発掛けた。自分も薬室に弾を送って引き金を引いたが、セーフティーが掛かっていて撃てなかった・・・
鹿はそのまま逃げてった。下のタツマに警戒と伝えると、間もなく銃声が一発聞こえた。
どうやら止めたらしい。
とりあえず一頭獲れたので、2ラウンドはとりやめになった。
回収に向かう途中に血糊が落ちてた。最初に猟仲間が撃ったのが中ってた様だ。
行ってみたら中ぐらいの雄鹿だった。
首に一発中っていた。
しかし首以外に中ってる形跡がない・・・
どうやらこの鹿はワンコに追われた鹿ではなかった様だ。
よくよく探すと血痕は別の方向に行っていた。
半矢の鹿を探すが、残念ながら見つける事は出来なかった・・・


 二日目は前日に2ラウンド目をやろうとした場所をやる事になった。人数の関係でタツマをやった。
一番下の方のタツマで猪が2頭行ったと無線で聞こえる。
ワンコが盛大に鳴いている。
しかしどこにも獲物が出ない・・・
そのうち上の方のタツマで銃声が聞こえた。
倒れたかどうかわからないらしい。

解除になってから確認に行ったら猪が倒れていたそうだ。
3~40㎏ぐらいだなんて言うから、一人で引っ張れるかと思ったら、60㎏ぐらいはありそうだw
猟仲間と二人がかりで引いてきた。
猪は丸っこい体形なので、斜面でコロコロして崖に落ちそうになって難儀した。
雪があればもうちょっと楽に回収できるのだが・・・
雌猪で脂がのって美味かった。

三日目はちょっと上の猟場をやった。この日もタツマをやった。
鹿の足跡が少なく、猪の足跡が周りに沢山あった。
この日はえらく寒かった。ペットボトルのお茶がシャリシャリと凍っていた。
今日もなかなか獲物が出ないな・・・と思っていると、隣のタツマで連発で銃声が聞こえる。それと一緒に「ギャ~!」と獣の壮絶な悲鳴が聞こえた。鹿は撃たれて声は出さないが、猪は悲鳴が聞こえる事がある。
親子連れの猪を撃ったらしい。
ちょっとして自分のタツマの方にも獲物の影が見えた。丸っこい体なので猪と分かった。
引き付けるが遠い・・・100mちょっとあったが、ダメもとで撃ってみた・・・もちろん中らないw


隣のタツマが撃った猪は半矢で行ってしまったが、大分下の方でワンコが止めて勢子が仕留めた。
これも結構でっかい雌猪だった。

猟場の獲物は例年より薄いが、鹿より猪の方が多くなってきた感がある。
前日の猪もそうだったが、蹄の一部が白っぽくてイノブタの血が混じっている様だ。


鹿のレバーには胆嚢はないが、猪には付いている。熊の胆の代用品になるらしい。
胆嚢は引きはがして、縛って吊るして乾燥させる。
レバーは獲れたてが美味いだなw

4 件のコメント:

メキシコのクマ さんのコメント...

頑張って猟に行っていますね、そう云えば最近猪食べて無いなあ。

ものずき さんのコメント...

食いたいものは獲りに行きましょうw

匿名 さんのコメント...

猟期になると、1週間あが早いなw
デ

ものずき さんのコメント...

猟期はじまるとナイフなんか作る気がなくなるだ。
ナイフ使うのが楽しくてしょうがないw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。