鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2007年11月14日水曜日

汎用ナイフ その5

テーパータングでなかったので、黒皮が付いたままだったリカッソをダイヤ砥石で磨いた。テーパータングの時はこの様にはやらない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブレイドを磨く。まずは200番のダイヤヤスリを使った。少し中性洗剤をたらして、水をつけて使う。
刃幅が小さい事ともあるが、HMS67はサラサラと磨ける。
ポイント付近が曲がらない様に、割り箸の切れ端をはさんでおく。HMS67やCRMO7は曲がりやすいので注意。 
 
 
 
 
 
 
 
ダイヤヤスリの次は320番の水ペーパ。この次に600番を掛けて、熱処理前の研磨は終わり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベベルストップの部分は磨き残しがない様に注意。
割り箸の先を使って磨いておく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チョイル?の部分も磨く。
ブレイドバックの部分は、熱処理後にヒルトを付けた時に削り込むので、この段階では適当に磨いておけばいい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
熱処理前の研磨は終わり。あとはヒルトを作ってピン穴をあけて熱処理に出す。





0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。