鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2008年5月16日金曜日

鋼とコンクリート

刃物の焼入れした鋼は、セメントと砂を混ぜて固めたコンクリートに似ていると思う。
セメントがマルテンサイトに変態した生地の鉄で、砂が炭化物と考えるといい。セメントだけではあまり耐磨耗性がないが、硬い砂が均一に分布する事で耐摩耗性が向上する。
 
ステンレス鋼はこのコンクリートの中に、共晶炭化物に相当する砂利が所々に混ざってる様な物。また「混ぜ物(Crなどの合金元素)」の影響で砂や砂利が非常に硬く、セメントの部分も粘りが出てる。多くのステンレス鋼の刃物が研ぎにくいは、この様に炭化物の耐摩耗性が良すぎる事と、生地に粘りが出て返りが取り難くなるからだと思う。研ぎにくいから故、炭素鋼の刃物の様なべた研ぎでなく、多くが小刃研ぎになるのは必然なのかもしれない。

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。