鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2008年6月29日日曜日

山刀 その1

最近ネタもないから、また製作記を書いてみる。製作技法が変わる訳でもないから、書いてる内容は以前のものとかわり映えがないかもしれないな・・・

今回は山刀のリクエストがあったので、試しに作ってみる事にした。叩き切る用途のものは、前から作ってみたかった。
山刀と言う事で、デザインは和式刃物の剣鉈を参考にして、ちょっとランドールのM5っぽくしてみた。

  

 

ATS34の5mm厚(黒皮付きで実質5.4mm)を使う。タングはコンシールド構造とした。

この厚さでATS34ならば強度は十分だろう。(低温焼戻しのカリカリ熱処理だとヤバイかも?)
画は1mmの鉄板で作った型板をあてたとこ。
 


  
 

  
   
4mm程度なら直接金鋸で切ってしまうが、面倒だがドリルで穴をあけてから鋸でつないでった。
鋸刃はナチ(不二越)のバイメタル。曲線を切りやすい様に、グラインダーで背側をおろしてある。
  
  
 
 

 
 

 
 
外形を整形。この前買ってきた400mmの角の中目を使ってみた。新品の切味は気持ちがいいもんだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
外形切り出し終了。今日はここまで。
平面研磨をどうするか?このままやってもいいけど、黒皮の下からピンホールが出やすいので、後で苦労する事が多いんだよな・・・

5 件のコメント:

koe さんのコメント...

やってるやってる
グリップ材料に鹿の角
使うか?

ものずき さんのコメント...

やっと取っ掛かりはじめたよw
鹿角いいね。最近はなかなか手に入らない・・・
山行って取ってきてよ。

koe さんのコメント...

あるよ
これ漢方薬の材料として結構な
人気があるんだな

ものずき さんのコメント...

おぉ、ちょうだい!
鹿角って薬になるんか。何に効くのかな?

koe さんのコメント...

薬効はおれには関係ないな まだ
強壮剤てとこかな 角が新鮮なものでないと
だめなので冷凍してある(髄がはいっているもの)

乾燥した角なら猟場に生え変わりで
抜け落ちたものが時々ある
これは今度拾っておきます

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。