鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2008年11月15日土曜日

エキパイ加工

友人からエキゾーストパイプにO2センサーを増設するための加工を頼まれた。
ステンレス(304)製で、口金はどうすんだ?と聞いたら、作ってくれとの事。(めんどくせ~・・・)
O2センサー用の座金(ナット)は探せば売っているのだが、急ぎでやって欲しいとの事なので注文していては間に合わない。センサーのネジはM18の1.5pitなのでこのサイズ のナットを手に入れればいいのだが、ネジ屋に聞いたら細目なので在庫がないと言われた。




M18-1.5pitのダイスはあったので、M16のステンのナットを加工しようかとも思ったが、304のステンだと加工が恐ろしいのでやめた・・・
仕様がないのでジャンクをあさってたら、運良くちょうどいい物が出てきた。
ワゴンR用のリアハブのロックナットだった。ステンじゃないけど仕方がない・・・
そのまま使うと格好悪いので、これをグラインダーで削り込む。
 
 



エキパイに20mmの穴をあける。ホールソーを使った。1mmちょっとの厚みのパイプだが、304だと加工が面倒。加工硬化と加工誘起のマルテンサイト変態が起こり削りにくく切り難い。


 



 


仮付けしてみる。ピッタリ付きそうだ。


 


 


 


TIGで熔接して完成。
バックシールドなしなので少し内側が黒くなったが、花が咲くほどでないのでまあいいか・・・
この手のステンのマフラーなどで、高級か安物かは中を覗くとよくわかる。安物はバックシールドなしで作るので、ビードの裏が黒くデコボコになっているのですぐわかる。
 
と言う事で、今回も自作ナイフとは関係ない話題でした・・・orz

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。