鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2008年12月14日日曜日

山刀 その15

ハンドルの整形に入る前に、ヒルトの前端の養生しておく。
ネジロック剤を使ってる。剥がす時は燃料用のメタノールで溶かしてしまう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


まずは基準になる面を作っていく。
鋸で大雑把に切った後にヤスリで削る。
ベルトサンダーでやってる人が見たら、何て面倒な事やってんだ、と思われるかも知れない。ベルトサンダーと言わなくても、ちょっとした電動工具を使えば、もっと楽に出来る事は分かってる。でも、何処まで手作業で出来るかに拘りたい。
 
 
 
 


基準になる面の出来上がり。
結構面倒な作業だが、左右対称に作るためには必要な段取り。
 
 
 
 
 
 
 
 
  


徐々に角を取って曲面を付けていく。
ハンドルの整形はブレイドの切削より難しく感ずる。複雑な曲面を左右」対称に削るのは難しい。
何も考えずに削っても上手くはいかない。常に出来上がりの形をイメージして削ると、自然と形になってくる。(これはブレードの切削も同じだ)
イメージするためにも、日頃から良いものを沢山見ておく事が大切だ。ナイフショウなどで、実際に手に取って見られるのはいい機会だ。






荒削りが終わった。
この後は桐油を塗ってしばらく置いて、水が染みにくくなってから水ペーパで仕上る。

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。