鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2010年1月24日日曜日

また燻製をやってみた

今回は市販の燻煙材(燻蒸じゃなくて燻煙なんだなw)を使ってみる。材質は桜で、おが屑を圧縮して固めてあるみたいだ。
前回のベーコンがなかなか良かったので、今回は豚バラ肉を1kg用意した。表面の塩コショウ付けが2日間、水洗いしてソミュール液漬けが10日間、塩抜きに4時間、天日干しに一昼夜かけた。ソミュール液は基本は前回と同じだが、醤油とウイスキーの替わりに安物の甘口赤ワインを300mℓと、ニンニクのスライスを少し入れた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
折角だからおまけでビーフジャーキーも作ってみる。
前日に肉屋さんで「脂身のない赤身の牛肉ちょうだい」と言って、モモ肉のかたまりを300g買ってきた。
適当に薄く切り分けて、醤油100cc・三温糖小さじ3杯・胡椒適当・ウイスキー50cc・玉ねぎみじん切りを少しに半日漬け込んで、そのまま網に乗せて一晩干した。
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーコンとジャーキーの素?をセットして燻煙開始。
ジャーキーは網に乗せて燻す。
外気温が低かったせいか、スモークウッドに一箇所点火しただけではなかなか温度が上がらず、ウッドの両端に点火してやっと温度が上がってきた。スモークウッドだけでは足りなくなりそうなので、桜の木からチップを作ってスモークウッドにまぶして使った。うまい具合にスモークウッドが火種になってよく燃えてくれた。
燻製器の密閉度の改善とスモークウッドを使った事で、火の調整はほとんどやらなくてもすむが、温度管理はやらなければならないので、ほったらかす訳には行かない。たまに燻製器内の温度を見て、上蓋と焚口の蓋を開閉して温度が60~70℃ぐらいになる様に調整する。
スモークウッド2本使って約5時間燻煙できた。日が陰ってきたら、急激に温度が低下して難儀した。燻製器の断熱対策をした方がよさそうだ。缶製よりダンボールでやった方がいいのかもしれない。
 
 
 
 
 
ジャーキーの方は1時間早く取り出していたが、少し燻しすぎた感じ。でもなかなかいける。 旨い具合にジャーキーになった。
ビールが飲みたくなる・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーコンもなかなかの出来だ。
今回は火達磨にならなかったので、ちょっとはみてくれがよくなったw。
前回よりも1時間多く塩抜きしたので、今回の方がそのまま食べるには、ちょうどいい塩加減に感じる。
赤ワインを使った違いは正直言ってよくわからなかった。 味付けは基本的に塩と胡椒だけでもいいのかもしれない・・・
 
 
 
 
 
 
 
温度管理で気をとられてたので、今日はブレイドの酸化皮膜を落として、やりかけだった山刀のブレイドを少し削って終わり。

9 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ジャーキーは繊維を解くように
むしって食ったらエエカンジやね。

ナイフ小僧 さんのコメント...

こんな時間に記事を見たらお腹減ってしまいました!
なんかどんどんコツつかんでる感じですね!

ものずき さんのコメント...

あの繊維の食感はいいねw。噛めば噛むほど味が出てウマ~。

燻製のやり方はググるとかなりの事を知る事ができるけど、実際にやってみるとさらに色々な事がわかって面白かったよw。もの作りと同じですね。

匿名 さんのコメント...

そうそう、スモークウッドの上に
ザラメを乗せたら甘く仕上がるんやで。
スモークウッドは安いとき、250円で売ってるデ(ヨシチュウ)

匿名 さんのコメント...

紅茶をおまけに被せても面白いっすね


ものずき さんのコメント...

なるほど、ザラメや紅茶使う手もあるのか。
いい風味になりそうだね。

匿名 さんのコメント...

あああああ美味しそう!!!

夏が楽しみだわ~

ものずき さんのコメント...

ジャーキーだったら持ってけそうだから、作ってこうかw

匿名 さんのコメント...

うんうん!!!(ブンブン

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。