鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2010年4月18日日曜日

JAXAに行ってきた

JAXAの調布航空宇宙センターが、一般公開をやっていたので見に行ってきた。
調布の住宅地の中にあり、敷地面積は広大だ。ちょっとした工業団地の様な感じで、大きな実験棟が建ち並んでいる。この場所で航空機や宇宙開発に関わる基礎研究が行われている。
  

1m×1m超音速風洞の圧縮空気タンク。
20気圧の空気を約1000㎥貯める。とてもでっかい・・・
 
  
  
 
 
2m×2m遷音速風洞の測定胴部。
マッハ1.4までいける。
この部分は30tぐらいの重さらしい。建物の2階にあたる位置だが、床は相当丈夫なのだろう。


 


 


 


  
 
 

なんか被ってるもんが違うんでねぇかw


  
 
 


 


 


 


  
 
 
 
1.27m極超音速風洞の一部。マッハ5以上の実験を行う施設。
このメカメカしさがなんとも言えない。圧縮した空気を過熱して吹きつけて、後ろからは真空引きすると言うから凄い設備だ。


 
 
 
 
 


 
 

  
 

ジェットエンジンの試験設備。
推力4tちょいのターボファンエンジンが吊るされてた。
途轍もない音が出るそうだが、建物の外ではなんとか規制値に収まる様に防音しているそうだ。住宅地の中に、こんな施設がある事自体が間違いの様な・・・
 
 
 



 
  
 
 

 
月探査用のローバー。
真空なので軸などの潤滑はどうしてるのかと思ったら、固体潤滑や自己潤滑なのだと言う。
極低温と高温の両方に耐えるのも大変らしい。とくに地面から伝わる熱の対策は難しいとの事。真空なので太陽光は反射すればいいが、接地してる砂からはどうしょもない。接地面をなるべく少なくしつつ、砂に埋もれない様にしなければいけないらしい。


 
 

 
 
 

スペースデブリの研究。
BB弾みたいなナイロン球を超高速でアルミの板に衝突させたらしい。凄い破壊力だ・・・
 
 
 
 
 
 
 


  
 
  
 

YS11の首があった。コックピットを展示している。
 
 
 
 
 
 
 


 


 
 
 

  
ターボファンエンジンのカットモデル。
回転翼の数がたまらないw


  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ハンドルにちょうどよさそうだw  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  
  
 

  
三鷹の第二会場。
調布飛行場のすぐ隣にある。
今日はいい天気でよかったw

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

邪魔臭いのを、ジャークサーって言うナw

雄 さんのコメント...

衝突実験は何で加速させてるんだろう…
金属弾じゃないってことはレールガンじゃないですよね。

ものずき さんのコメント...

この前の事業仕分けじゃ邪魔臭扱いにされてたんじゃないかw

ガスでやってるっていってた気がする。
真空チャンバー内でやるんじゃないかな。

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。