鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2010年9月20日月曜日

量産型ラムだっちゃ・・・?

仕込んでおいたキビ糖の醗酵が終わった。
7月の終わりにしこんで、途中かき混ぜる事もなく放置プレイ状態だった。かき混ぜてればもっと早くできたのかもしれない。
透明なガラス瓶だと、中の醗酵の様子がわかりやすくていい。
酵母の出す炭酸ガスの泡が出なくなれば醗酵の終わり。毎日観察するのが楽しいw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに原料はこれを使ってる。近くの生協で1kg入りで300円しない値段で売ってる。
これを2kg瓶突っ込んで、2ℓの天然水3本分で溶かして酵母を投入する。蒸留するのだから、カルキ抜いた水道水でもいいのかもしれない。
 
本当は黒糖を使いたいが、何故か黒糖って値段が高い。黒糖って精製前の砂糖の原料なんだから、もっと安くてもいいんじゃないのか・・・?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蒸留中の冷却器はえらく熱くなる。しかし冷却水は流水を使わなければいけない程ではない。暖まった上澄みを取って、新たに水を足せばいい。取った水は風呂に持ってって、湯船に使えば無駄がないw
 
冷却器の銅管は今のところ1m程度の長さで足りてる様だ。もっと長くして冷却効率を上げるべきか?とも思ったが、長くすると蒸気の抜けが悪くなって、かえって効率が悪くなるかもしれない。長くするならば、内径をもっと太くしなければならないだろう。
 
これ作った時は砂詰めてバーナーで炙りながら巻いたけど、エアコン配管用のなまし銅管を使うと、そのまま簡単に巻けるみたいだなw
なまし銅管は電気屋さんなんかに行くと、端材が結構あるらしいから、頼めば安く売ってもらえるかもしれない。
 
 
  
 
 
 

蒸留して取れたのは約2ℓ。3回に分けて蒸留したので時間がかかった・・・
醗酵液に大分糖分が残っていたので、もっと糖度を下げて仕込んだ方が無駄がなくていいのかもしれない。33%じゃ高すぎか?w
とりあえずこのまま置いて、しばらく熟成させる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラムだっちゃは着々と量産中w
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけ 。
大分涼しくなってきて、やっとナイフ作る気になってきたw
長い事放置プレイにしてたから、ブレイドが錆びてた・・・orz
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小ぶりなナイフ用に、1.5分の1に縮小したマークを作ってもらった。やっぱり大小の2つあるのはいい。1つだけで済まそうとすると、どうしても中途半端になってしまう。ステンシルの制作費が安くなったのだから、2種類ぐらい作ってもいいだろう。
ナイフ作る楽しみが増えたw





5 件のコメント:

酷税局員koe さんのコメント...

なんかな 派手にやってるな
いま 広島から 福岡に着いた
鹿児島の工場いったら糖度計と
アルコール度計くすねてこよう
と思ったが期待しないでね
たぶん分光タイプだからね

ものずき さんのコメント...

お、お疲れです。鉄砲撃ちの大会はどうだった?
度数計は計るとヤバイ事になるから・・・1%未満って自己申告でいいやw
そういや猫車はあれで大丈夫だった?

匿名 さんのコメント...

こうなったら、地下に1キロリットル
ぐらいのタンクを埋めようぜw

koe さんのコメント...

連続蒸留装置も導入してガソリンの
代わりにするかな ビートルは動かん
かな

ものずき さんのコメント...

うちはタンク埋める地面がないわなw
原料が安けりゃ100ℓぐらいのタンクで作ってみたいもんだw

ブラジルで作ってた頃はエタノールで走らせてた気がするw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。