鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2012年6月24日日曜日

ネタもないので・・・

今回はネタがないので、ここ数日やった事をうpしてみる。

随分前に熱処理が終わってたR2の小ナイフ。
積層の皮金が熱処理後でも結構柔らかくて、いつもの様に磨いても意味がない様な気がしてきた。
柔らかいので使ってると皮金に傷が付きやすい。
エッチングしようかと一瞬思ったが、やっぱりやめてサンドブラストをかけてみた。ガラスビーズでやった。
あまりはっきりとは模様は出ないが、これも案外いいかもしれない。








小ナイフの別バージョンで、セミスキナーブレイドのを作ってみる事にした。
2.5inc、2.5mm厚のR2。
タングの熔接部が焼が入っていて、切り出すのにえらく苦労した・・・











3incセミスキナーは、細かい所を修正しながらハンドルの研磨中。
ここまでできれば、次の猟期には間に合いそうだな・・・


















ついでだから工場長も貼っとく。

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

はっきりと見える模様もいいですが、こういう仕上げもさり気なさ演出でいいですね。
サンドブラストの粒子で結構表面の状態は変わるものなんですか?

シンヤ

ものずき さんのコメント...

サンドブラストのメディア(砂)はガラスビーズの他はアルミナやガーネットなどがありますが、ガラスビーズは比較的研削力が弱いです。
アルミナやガーネットだと粗い梨地になりますが、ガラスビーズは砕けやすいので、使うほど細かい梨地になる様です。

匿名 さんのコメント...

♯1000までもっていって、
青棒キャンパスでひたすら
撫でたら、沸いてくるよ
デ

ものずき さんのコメント...

羽布掛けしちゃうのも手だよな。

匿名 さんのコメント...

バフは手っ取り早い手段ではあるね

ものずき さんのコメント...

お手軽かもしれないけど、極めるのは難しそうだ。
ラブレスの羽布仕上げは絶妙で素晴しい。
あれは真似できないわw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。