鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2013年9月21日土曜日

明日持ってこ

今日は午後から仕事が暇だったので、宿題ナイフのヒルトを作った。

加工精度が今一で隙間がちっとできたので、ポンチを打って寄せてしまう。
 端面磨いて整形すれば、隙間は目立たなくなったw
やっとヒルトが出来たので熱処理に出せる。
明日にでもマトリックスアイダに持ってくか・・・

9 件のコメント:

スズキ さんのコメント...

裏技ダスナ!!

匿名 さんのコメント...

いつかシュートナイフを作りたいと思っているのですが、
果たしてヒルトが出来るのかと考えておりました。

隙間が出来たらこの手でいきます。
中にボンドも入って一石二鳥ですね!?

 HILTS

ものずき さんのコメント...

誤魔化し?・・・じゃなく裏技って事でいいですよねw

そうですね、隙間がある程度あった方が接着剤は確実に充填されますからw
この手のヒルトは最終的な調整は、後側からヤスリを入れて削るといいですよ。
前面だけ精度よく出来てればいいんですからw

スズキ さんのコメント...

この技術は昔からあって抜き型にも有効だったダスナ。寄せって言ったかな。

ものずき さんのコメント...

最終的にはきれいに付いて確実に固定されてればいいですよね。

匿名 さんのコメント...

ものずきさん、こんばんは。

これは良い手ですね〜。
早速この裏技?真似させて頂きます。寄せって言うんですね。
そういえば、チョット前にヒルトの裏側にもやってましたね。裏側だと隠れるので大胆にできそうですね。
↑↑↑基本やらないのが良いのでしょうが、現実はどうしてもガタが…ですよね(>_<)。

Ben2

ものずき さんのコメント...

コの字のヒルトの上側に隙間がある時なんかよくやりますよ。
隙間は目立たない方がいいですからねw

匿名 さんのコメント...

いい方法ですね。
ベアリング固定の応用ですか?

ものずき さんのコメント...

ベアリングのアウターレースが空回りする場合にポンチ打って止めるって事ありますね。
寄せるって何処で覚えたかは忘れましたが、こういった隙間の対策は、やり方は色々あるんだと思います。
ナイフメーカーの方と話をしてると、色々な「裏技」があるんだなぁと驚きますw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。