鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2013年11月12日火曜日

刀剣ナイフ鑑賞会の報告 (ナイフ偏)

そんでもってナイフ偏。

今回のoff会でナイフの展示の中で一番高価な代物か?
片山さんのラブレスファイター。
確か知合いの遺品整理の時に入手したんだっけ?
自衛隊の演習(片山さんは自衛隊の予備役)に持って行って、錆びさせてしまったって・・・あんた、こんなの使っちゃだめだがな~w

惜しげもなく皆でベタベタ触らしてもらいました。
ついでに型取りしといたw
コレクターさんの展示。
個人的にはマーブルスのロールアップヒルトのフォルダーとレミントンのハンティングナイフが気に入った。

中央に置かれてる鯨の歯のハンドルのナイフは、たかみさんの作ったものだった。
ブログで製作過程を見ていたが、これはなかなか面倒な作りのナイフだった。
よくここまできれいにまとめて作ったものだと関心した。
上が高本さんの展示。
高本さんは丁寧で正確な作りのシースナイフを作るベテランメーカーだ。
小さいものから4inc前後ぐらいのものが多いか。派手さはないが実用的で魅力あるナイフを作ってる。
恒例のジャンケン大会では、熱処理前まで出来てるブレードと、刃付けしてシースを付ければ完成のレザーワッシャーハンドルのナイフを提供してくれた。

下は五十嵐さんの展示。
五十嵐さんはフィッシングナイフを得意とするメーカーのイメージがあったが、器用な人で何でも作ってしまう。
2年ほど前からフォールディングナイフを作っていて、その上達ぶりは目を見張る物がある。
今回展示のフォルダーは、鹿角ハンドルのトラッドなスタイルがよかった。

荒川さんの展示。
ラブレススタイルのナイフを作る荒川さんは、プロになってまだ年数は経ってないが、神戸、銀座、関、それとアトランタと、各地のナイフショーに精力的に出展されてる勢いのあるメーカーだ。
リーズナブルな価格でいいものを作るので、なかなか売れている様だ。
荒川さんも4inc前後ぐらいのものが多いか。
小さいものだと、オリジナルデザインのペーパーナイフから発展したナイフがなかなかいい。



星山さんの展示。
もはやナイフメーカーというよりエングレーバーといった方がいいか。
エングレーブの注文が多くなってきて、このところはナイフを作ってる時間がないそうだ。
それでも最近作ったメタルコンポジットハンドルのサブヒルトファイターを持ってきていた。
ファイターって高価なモデルなのだが、星山さんの作るファイターは意外と安いので、この手のナイフを欲しい人は注目するべしw
中里さんの展示。
中里さんはあるベテランナイフメーカーの指導を受けているそうで、その上達振りは大したものだ。
気さくな人柄で、周りの先輩メーカーから教えを請う姿勢は立派だと思う。
この前のjkgのショーでプロデビューとなったが、今のところかなりリーズナブルな価格設定なので、注目のメーカーだと思う。
金井さんの展示。
去年のjkgのコンテストで突然現れ、大賞を受賞してしまった驚きのメーカーだ。
自らの狩猟の経験を生かし、使えるナイフを独自のスタイルで作っているところが凄い。
5incぐらいの比較的大きめのものが多いか。作り手の好みが伺える。
凝った作りのシースがなかなか魅力的だ。
武市さんの展示。
プロのボディーガードをやっている経験と、かつて狩猟をやっていた経験を生かして、タクティカル系デザインのナイフを作るメーカーだ。
「父ちゃんがキャンプや釣りに行って、周りに自慢しながら使える出刃包丁」ってコンセプトのタクティカルデザインの出刃ナイフ(タクティーバ)は、すでに看板商品になっている様だ。
サンドブラストとエッチングを組み合わせた表面処理など、独自の技術も開発していて、なかなか研究熱心なメーカーでもある。
上に並んでいるのは片山さんのコレクション?
川崎さんのナイフや四国の鎌田さんのナイフがあって興味深かった。

下はおいらの展示。
ブログで公開してた物ばかりだから、あまり目新しいものはないな・・・w

コレクターさんの展示。
カスタムも面白いが、それよりもカッターナイフが面白かった。
セラミックやチタン刃など、そんなものがあるのかあるのかと驚いたw
セラミック刃って切味どうなんだろな?
二部さんの展示。
先週サクラブレイドショーに参加されていて、二週続きでお疲れ様でした。
毎回面白い(というか妙?)な物を持ってきてくれる二部さんだが、今年は鎖帷子を持ってきていて、これが凄く興味深かった。
昔の物だと当然和鉄で作るのだろうが、細い針金状にして鎖を編むのは大変だったのではなかろうか。
そもそもよく腐らずに残ったものだな・・・
先週サクラブレイドショーで見た残欠ナイフが分解して展示してあった。刀と同じ様に目釘を外すと分解できるのが面白い。加工精度がとても素晴らしいのに驚いた。


鑑賞会の後は懇親会になる。
有志の女性陣による料理の準備中。
いつも美味い料理をありがとうございます。

恒例のジャンケン大会の景品は今年もやけに豪華だった。片山さん提供の鎌田さんのナイフは誰の手に渡った?
懇親会だけを目当てに来ても十分楽しいかもしれないw
この会は刀剣とナイフの業界を少しでも盛り上げる事が出来たらとの思いで、片山さんが毎年開いてる。
日本のナイフ業界はバブルの頃と比べれば、なんとも寂しい状況になっている。特に刃物に対する社会的な目が、年々厳しくなってるのも困ったものだ。
厳しい現状であるが少しでもいい方向に向かう様に、この様な催しでナイフの楽しさを広めていけたらと思う。

追記
金井さんにブログに懇親会の様子が詳しく書かれているので見てください。
http://blogs.yahoo.co.jp/scagel009/25593887.html#25593887

5 件のコメント:

片山重恒 さんのコメント...

毎年どうもありがとうございます。

ファイター注文して良い?
ラブレスの奴と同サイズぐらいで、柄はグリーンキャンバスマイカルタを荒く削ったもの辺りを。

ラブレスは皆に怒られたので、コレクションに回すことにするよ。

スズキ さんのコメント...

どんな感じの集いかな?って思ってましたが二回に渡るレポート見て来年は参加する事にします。

Ben2 さんのコメント...

ものずきさん、おはようございます。

今年も参加できませんでした。

色々見られるのも良いですが、懇親会もとても良さそうですね。

来年こそは…と狙っています。

クロウサギ さんのコメント...

ものずきさんの展示
この数とバリエーションなら、もうナイフメーカーですよ。

星山さんのファイターって、本当にお値打ちだし、おススメと思います。

中里さんという方のナイフ、初めて拝見しました。
ベテランナイフメーカー(原さん?)の指導で上達され、しかもリーズナブルとは、これから注目されるでしょうね。

ものずき さんのコメント...

OK~作るよ!
型を参考に作りますだ。片山さんだから特別価格にしとくよw
ラブレスファイターなんか使ってたら罰当たるぜw

次回の参加表明ありがとうございます!
ベテランナイフメーカーがもっと来てくれるとありがたいです。
来年を楽しみにしてますw

Ben2さんも是非とも来年こそはw

自分は効率よく作れないので、プロにはとてもなれませんw
星山さんのファイターはお買い得ですよね。
直接注文すれば、サービスでエングレーブしてくれるかもしれないしw
中里さんは「儲けなんか考えてないからw」なんて言ってるくらいですからw
ナイフ作るのを心底楽しんでる感じで、気さくでいい方ですよ。

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。