鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2013年11月14日木曜日

間に合った・・・

大急ぎで作ったシースはなんとか解禁日に間に合った。
仮組みの時に二回ウェットフォームしたので、合計三回やっていた。
毎晩ドライヤー使って乾かしていたw
インプルードハンドルなんて作った事ないので、この手のナイフのシースははじめて作った。
キリオンがないがハンドル下端にちょっと突起があるのと、ヒルトの辺りで幅が絞り込んであるので、意外といいアクションで作る事ができた。
仮組みで納得いくまでウェットフォームしたのがよかった。

しかし5incでポーチタイプだと、ベルトに付けていたら抜き差しがしにくい・・・手がつりそうだw
榊原さんのナイフを、おいらの作ったシースに納めていいのか?・・・と思ったが、まあまあの作りで出来たから許してもらおうw

ダブルステッチがベルトループにぎりぎりだったw
作る前によく考えないといけないな・・・

インプルードハンドルは結構ボリュームがある作りでちょっと角ばっているが、持った感じはとてもいい。
この手のハンドルは加工が面倒なので作る気がしなかったが、キリオンを省略できてスマートなデザインがいいな。
今度作ってみようw

3 件のコメント:

スズキ さんのコメント...

お師匠さんのナイフにピッタリ似合ったシース、良いじゃないですか。女房役のシースが出来て天国の師匠も喜んでますね!

スズキ さんのコメント...

解禁祭りで現地泊まりのようデスナ!飲み過ぎ、はしゃぎ過ぎ、獲物の獲り過ぎ、注意ダス!(笑)
楽しんでください?

ものずき さんのコメント...

そうですね。息子さんも喜んでくれたし、大急ぎで作った甲斐がありましたw

本当は泊まった行きたかったですが、残念ながら今日は仕事がある日なので帰ってきました・・・orz

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。