鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2014年4月9日水曜日

なるほどな・・・

昨日星山さんちに行ってきた。
ちょうどJKG会長の横山さんのナイフの彫りが終わったところだった。
この前の象牙ハンドルのと二本注文だったらしい。
ブレードは4incぐらいだが、ハンドルが小ぶりで持った感じがとてもいい。タンマイカルタのハンドルも落ち着いた雰囲気がいい感じだ。
ブレードはフィールド&ストリーム的形状だから、釣りやキャンプで使うのによさそうだ。
星山さんの彫りも安定したもので、いい感じにまとまっている。

横山さんのナイフの他に、金井さんのコレクションで鈴木さん兄弟のナイフもあった。ちょうど金井さんが受け取りに現れた。
ブログ更新止まってて、くたばっちまったか?と思っていたが、元気そうで何よりw
鈴木さんのナイフの方は、そのうち金井さんがブログで書いてくれると思うのでお楽しみに~w

謎の組織のボスから、硬さ測定をお願いしてたテストピースが送られてきた。
結果はとても興味深いものだった。
生材はHRcで測定だと、ちょっと無理がある気がしたが、概ね傾向ははっきり分かった。
焼きなます事で柔らかくなるのは確かの様だ。
ヤスリで削ってるととスーパーゴールドⅡの方が僅かに硬いかな?とは思っていたが、実際ATS34より硬い様だな。

スーパーゴールドⅡをマトリックスアイダでCRMO7の条件とATS34の条件で熱処理した結果も、概ね予想していた通りだった。
スーパーゴールドⅡはATS34に特性はとても似ている。
今熱処理に出してるスーパーゴールドⅡのドロップは、マトリックスアイダでATS34の条件でやってもらう事になってる。
実際使ってどの様な違いが出るか楽しみだ。

面白い事が分かった。ボス、ありがとさんです~w

2 件のコメント:

クロウサギ さんのコメント...

チョイルがあると、それだけでもイメージが変わりますね。
ハンドルも、ちょっとした丸みがいい感じに見受けられます。

ホリヤマさん、もとい、星山さんの彫りもいい感じですねぇ。

ものずき さんのコメント...

ハンドルに対してブレードが大きめのモデルはチョイルがミソですね。無いとどうしても野暮ったく見えてしまいますし。
このナイフはハンドルの面取りが絶妙で、とてもよい感じでした。
星山さんも場数を踏んで、こなれてきましたねw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。