鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2014年8月9日土曜日

やる事色々・・・


ハンドルの外形を適当に削って形がきまったら、ソングホールをあける。
鹿角は表面がでこぼこしててドリルを当てにくいので、エンドミルでちょっとさらってからドリルであける。
 なんとなく形になってきた。
サブヒルトファイターは刃を付けて名入れしてきた。
たまにはこの手のを作るのも楽しい。
隠しピンのハンドルってはじめて作った。
ボルトがないのはデザイン上どうかと思っていたが、意外とあっさりした感じが悪くない。
何よりボルト代安くついていいかw
シース三つまとめて作る。
結構めんどくさいだな・・・w

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

隠しピンはスタッグって勝手なイメージがありましたが、
マイカルタでも良い感じですね~

ナイフマガジンはこの号だけ持ってます。

 HILTS

ものずき さんのコメント...

隠しピンは磨く手間もなくていいですねw
スタッグの場合は、模様を目一杯残せるって利点もあるのかも。
自分もナイフマガジンはたまにしか買いませんw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。