鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2014年8月10日日曜日

進まない・・・

 ちょいちょいと削って、荒削り終わり。
この手のはざっくり作れていいw

桐油を染込ませる。
テレピン油で薄めるとよく染込む。
白骨鹿角はそのままではスカスカだが、桐油などの乾性油を染込ませて樹脂化させる事で強度が上がる。
油が入ったら妙な染具合になった。
なかなか面白いのが出来そうだw

シースの方はなかなか進まんだな・・・

2 件のコメント:

クロウサギ さんのコメント...

ハンドルを「長いから」と切られたときには驚きましたが、今回の写真で全体像が見えた時には、なるほどの納得でした。
斜めにデザインされたヒルトもいいですね。

ブラスのヒルト、スタッグ、鍛造ブレードって、ランドールの要素そのものに感じますが、ランドールよりも洗練されたものになってますね。(お世辞抜きに)

ものずき さんのコメント...

ブレードが細身でそれほど力を掛て使うナイフでないので、ちょっと短めのハンドルにしてみました。
デザイン的にはもうちょっとハンドルが長い方がいいのかもしれませんね。
ラブレススタイルのナイフを作ってると、ラブレス的デザインでない物を作っても、ラブレス的要素が自然と出る様な気がします。ラブレスデザインがそれだけ洗練されてるって事なんでしょうねw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。