鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2015年2月24日火曜日

気が付いてよかった

インプルーブドドロップはいつもの様にシュナイダーボルトを使おうと思っていたが、よくよく考えてみると、前側のボルトが締め代がなくて使えない事に気が付いた。
ボルトを切り詰めてもいいが、たニッケルシルバーだとだでさえ締め付け力がないから無理がある。
しゃあないから使った事なかったけど、ラブレスボルトにしてみる。
とりあえず4mmの穴あけとけばいいか・・・
肉抜きの穴はホールソーで12mmの穴をあける。
水をつけながらあけるといい。切削油だと滑って削れない。
肉抜きは軽量化でなく、テーパー取りのときに切粉を落すためにあけてる。
微妙な曲がりを直しておく。
スーパーゴールドⅡなので、焼き曲がり防止のため焼鈍しておく。
暗闇でほんのり赤くなる程度に加熱すればいい。

最近売ってる武生の鋼材は曲がらないらしいから、わざわざ焼鈍す必要はないのかもしれない。
でも曲がると嫌だからやっとくのさw
空冷でもいいのだが、念のため灰の中に入れて除冷。
残留応力が抜ければいいのだ。

こっちも穴あけて準備よし。
さてどうするか・・・

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

私もラブレスボルトを使ってみたいんですが、
難しそうなのでまだ敬遠していますw

ニューボルトとかラブレスボルトで、締めこんで余分を
カットしてからカシメる方もいるらしいですね。

 HILTS

ものずき さんのコメント...

ネジがステンレスなので、ちょっと磨きにくそうで自分も使った事なかったですw
確実に締め付けるには、ニューボルトかラブレスボルトの方がいいのかもしれないですね。

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。