鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2015年3月19日木曜日

確認が大事

結局両面作った・・・

こんな感じ?・・・
















やっぱりかなり薄めに作らないといけない・・・
現物で確認してよかったw


ハンドル厚さの確認できたから、ボルトをセットする穴をあける。
ラブレスボルトは、穴の深さを正確にあける必要がある。
今回はヒルトレスだから、ハンドル接着前にボルト穴をあける事ができた。
おいらのボール盤は、正確な穴深さをコントロールするのが難しい。ちょっと工夫して、何とか上手い事穴をあけた。
前側ボルトの部分は、ハンドル厚がかなり薄いので、ハンドル留め代は僅かしか残ってない・・・
ハンドル全端面を磨いておく。
もういくつか段取りすれば、やっとハンドル接着できるだな・・・


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

工程を見てるとワクワクしますw

ラブレスのビデオではヒルトつきでも先にボルト穴とヒモ穴を開けて、
ハンドルとスペーサーとボルトとパイプをまとめて接着してました。

ネジもあらかじめある程度の長さで切っておくのでしょうか?

 HILTS

ものずき さんのコメント...

両面同時に接着するためなんですかね。
ヒルトとの隙間がよくできないものだなと・・・
自分にはその工程では作る自信がありませんw
ラブレスボルトはセットする時は予めネジを切っておくつもりです。
ステンのボルトだと、後で削り込むの大変ですからw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。