鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2015年3月8日日曜日

唯一の専用工具?

 とりあえずダイヤヤスリから320番まで掛けた。
マトリックスアイダにドロップを熱処理に出してきた。
ラブレスボルトと段付きドリルを買ってきた。
ナイフ作る専用工具としては、段付きドリルが唯一の物かもしれない。
ナイフ作るのって、ほとんどホームセンターで売ってる様なもので賄えてしまうからw


5 件のコメント:

クロウサギ さんのコメント...

1枚目の写真、セミスキナーのように見えますね。
角度が違うと錯覚してしまいますね。

他愛もないことですが、ちょっと面白く見ました。

匿名 さんのコメント...

「ラブレスレジェンド」では先に決まった深さまでラブレスボルトを入れてしまい、
ハンドルを削り出す時にハンドル厚みの目安にしているよに見えました。

 HILTS

ものずき さんのコメント...

これ、2.5incのセミスキナーです。
ヒルトレスのドロップ削る前に、ちょっとだけ削って放置プレイになってたやつですw

マトリックスアイダの社長の話でも、ボルトをセットする冶具(機械?)があって、取り付けた後にハンドルを整形してたらしいですね。
ラブレスボルトは絶妙に削らないと、ネジの頭側の輪郭が上手く出なくなるので、慣れてないとはじめに装着してから削るのは難しそうです。
今のところ、ある程度ハンドルを整形してから、ボルトを装着しようかと考えてます。

クロウサギ さんのコメント...

セミスキナーに見えるんじゃなくて、セミスキナーでしたか。
こりゃ失礼を。

ものずき さんのコメント...

写真の撮り方によってはドロップに見えたりスキナーに見えたりもしますからw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。