鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2015年6月18日木曜日

それらしく


 荒削り終わったからハンドル磨く。
はじめは320番から。
ブレード研磨に使ったペーパーを使ってる。
これで使い終わったら捨てる事にしてる。
320番の次は600番。
マイカルタは磨き残しがあると後で厄介なので、十分注意する。
やっとそれらしくなってきた・・・

3 件のコメント:

マッカリー さんのコメント...

これは良いインプルーブドですね。削り方の手順を紹介してくれるので、非常に参考になります

匿名 さんのコメント...

マットな状態でも良い雰囲気ですね~
ハンドルの磨き残しは、コンパウンドで磨いている時によく見つけますw

 HILTS

ものずき さんのコメント...

バーキングでやる場合、この手順でいいのかは分かりませんよw
インプルーブド作る事があったら、バーキングでどうやって削ってるのかブログで紹介してください。

マイカルタはマットな状態もいいですね。
でもルーペで見ると、大きな傷がランダムに入ってる状態なので、なんだかな~って感じですw
最後の方で出てくる傷って、案外取るの面倒ですね。
気を付けてるつもりでも結構出てくる事あって、あとで苦労しますw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。