鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2015年8月14日金曜日

もうちょっと



 昨日のつづき・・・
菱目の位置を決めて、ボール盤使って菱目を切る。
めんどくさいけど菱錐使って裏表から通しておく。
ちょっとのずれなら、この時に直せてしまうw
 縫い始め。
一本で縫うと3mもあるだな・・・
コバを適当に切りそろえておく。

ウェットフォームする。
十分に水を染込ませる。


先ずはヘラ使って折り返し部分を整形。
 ナイフ本体を差して整形。

 しばらく乾燥させる。

 生乾きだが、なんとなく乾燥してきたので、コバを整形する。

ペーパーで磨いて、最後は水付けて軍手で磨く。




















またしばらく乾燥させる。
たまにナイフ差してやる。そのまま乾燥してしまうと、えらくきつくなってしまう事がある。
抜き差しして馴れさせる。

もうちょっとつづく・・・

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ウエットフォームの時に「あ~緩いかな~」と思っていても、
乾燥したらちょうど良くなってホッとする時がありますw

 HILTS

ものずき さんのコメント...

ウェットフォームの前後で結構テンション変わるときありますね。
繊維の方向の関係もあるのかもしれませんが、乾燥すると緩くなるときもあったりします。
伸ばすのは比較的簡単なので、若干きつめに作っておいた方が間違いなさそうです。
緩かったときは何回かウェットフォームを繰り返して、縮む方向に整形するとちょうど良くなったりしますw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。