鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2017年5月25日木曜日

どうなる?

1000番の次は2000番。
とりあえず両面終わり。

ATS34って細かい事を言わなきゃ、とてもいい鋼材だと思う。
今までフラットバー状だったものが、生産の都合でクロスロールの板状に変わりつつあるらしい。
フラットバーだと圧延方向が長手に一方向なので、磨いた時に出るムラ模様(?)は長手方向に直線になる。
クロスロールだと原理的には方向性がなくなるはずだが、一次炭化物の粉砕は限界があるので、ムラが不規則な方向に出る可能性がある。
ブレードの長手方向に一方向に出るならそれほど気にならないが、斜めに一部だけムラが出るなんて事になりかねない。
そのほかにフラットバー形状のいいところは、残留応力があっても裏表で釣り合いやすいので熱処理で曲がる事が少ない。
板状だとシャーリングで切る事になるので平面度の問題も気になる。
それと将来的に入手が難しくなるんじゃないかって話も聞く。
刃物鋼なんて儲からないから、しょうがないのかもしれない。
しかしなんとかならんもんかなぁ・・・

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

買いだめあるのみw
デ

ものずき さんのコメント...

そんなせこい事してもしゃあないわw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。