鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2017年5月27日土曜日

高いか低いか・・・

 セミスキナーを2500番掛けて、マトリックスアイダに名入れに行ってきた。
ついでに熱処理上がったドロップを受け取る。
焼き鈍しが効いて曲がりはなかった。
高温焼き戻しにするか迷ったが、今回はCRMO7の条件でやってもらった。

名入れしたセミスキナーはもう一度2500番掛けて、ノートンの2500番のペーパーでヘアラインを引く。
今日はこれでおしまい・・・


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

エッチングを入れるタイミングってヘアラインの番手の直前がいちばん良いですよね~
ナイフの完成後に入れるとマークの周りが曇っちゃうし、
熱処理と同時だと後の研磨の時にどうしてもマーク周りの面がいびつになっちゃいます。

 HILTS

ものずき さんのコメント...

深めにエッチングしようとすると滲みが出たりするから、仕上げのちょっと前にエッチングするのがいいですね。
ちょっと面倒ですが、手間は惜しまずでやった方が間違いないですw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。