鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2018年3月4日日曜日

いいね~

 ハンドルを成型する。
バーキング使って先ずは基準面を作る。
インチサイズのラブレスボルトが思った通りに出来てるかどうか・・・
表側のボルトの削ってる途中。
マイナスすり割りがなくなるまで削ればいいはずだ。

 裏側はコマのネジ山部の面取りがなくなればいいはず・・・

 表面を削り切った。
ちょうどいい大きさに目玉が出来たw
Ⅿ4ネジで十分だった。
 裏面もいい感じだ。
インチサイズのラブレスボルトは計算通りに出来ていた。
失敗してたら100セット分どうするかと思っていたが、これで一安心w
指定の寸法にきっちり作ってくれたあひるさんには本当に感謝です!
 基準面出来た。
バーキング使うと速くていいなw
上の3incセミスキナーは8㎜の普通?のラブレスボルトだが、下のドロップとF&Sはインチサイズを使った。
3.5incまでならインチサイズも悪くないな・・・

バーキング使ったが、細かい所の成型はヤスリや塩ビパイプ使った方が手っ取り早いな・・・
単にバーキング使いこなせてないだけかもしれんがw

とりあえず粗削りだけ終わった。
バーキング使うと労力減って助かるねw

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ラブレスレジェンドのハンドル成形のシーンでは、
ラブレスはかなり大胆に削っていましたね。

ボルトの目玉の感じも良いですね!
バーキングだったらボルト周りって焦げにくいですか?

 HILTS

ものずき さんのコメント...

さすがにラブレスみたいに大胆に削るの難しいですw
うっかり削るとボルトが過熱してきますが、気をつけて冷ましながらやってます。
あまり熱持ちやすい様だと、面倒だから水に漬けながらやってますw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。