鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2018年3月3日土曜日

使ってみた

 段付きドリルはマトリックスアイダにお願いして作ってもらった。
11/32incのドリルを探すのが手間だったが、ドリル持ち込みで加工だけだったので、比較的安く上がって助かった。

 4㎜の下穴とソングホールをあける。

外形を切っておく。

出来上がりのハンドル厚みから、計算でコマのセット深さを割り出して段付き穴をあける。

 随分前から放置プレイになってたドロップにもあけた。
こっちはもうすでにハンドル材は接着してある。
従来通り穴はナイフ本体を水平にしてあけた。

F&Sのハンドル接着して、インチサイズのラブレスボルトを取り付けた。
コマのクリアランスは想定通りでちょうどいい具合だった。
あとは削って表側の模様がどう出るかだな・・・

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

初めてラブレスレジェンドDVDや先日の動画を見たときは、
ハンドルに真っ直ぐ穴を明けているのを見てちょっと驚きました。
ラブレスの大雑把な面が出てるのかと思いそうになりましたが、
一方でタングのボルト穴にリーマを通すくらいの几帳面さがあるので、
実はハンドルがヒルトに押される力が掛かることを利用していたんですね。
アイデアがすごい、というか普通の発想ではないと感じますw

 HILTS

ものずき さんのコメント...

真っ直ぐあけてるってのには初めは半信半疑でしたが、よくよく考えるとそういう事の様ですね。
一見大雑把に見える部分も、実は非常によく考えられたものなんだと、改めてラブレスの偉大さを感じますw

さんのコメント...

なるほどなぁ~~! ラブレスが提示したのはナイフに係わる「全て」
だと思ったのは、間違いでは無かったらしい。

ものずき さんのコメント...

何だかんだいってもラブレスは偉大だよw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。