鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2011年8月16日火曜日

シチューの作り方

off会で意外とシチューの評判がよかったので、作り方を再現してみる。

台所で材料をかき集めた。これだけで5人前程度の量になる。
肉は冷凍庫にまだあった鹿肉を使うが、安いオージービーフでもかまわない。500g程度だろうか。







料理は包丁を使うのが楽だが、あえてナイフを使ってみるのも面白い。自分で作ったナイフならさらに楽しい。(うちで使ってる包丁はすべて自分で作った物だが・・・w)

ジャンケン大会でゲットした(交換?)ドラさんのH1のちびナイフはなかなかいいな。H1って研ぎにくいのかと思ってたが、全くそんな事もないみたいだ。硬さもそこそこあるみたいでいいかもしれないな。








肉と野菜を切り刻んだら、先ずはスライスしたニンニクを多目のオリーブ油で揚げる。
揚げ終えたら油ごと別に取っておく。
油は肉と野菜を炒める時に使う。
本当はこんなにニンニクいらんのだが、親戚から沢山もらってあったので多目に使った。









肉は塩コショウで下味を付けて、小麦粉をまぶしてから炒める 。
表面に適当に焦げ目が付く程度に炒める。中まで火を通す必要はない。











野菜も塩コショウを振って炒める。玉ねぎは飴色になるまでよく炒める。ニンジンやジャガイモは表面を適当に焼けばいい。












圧力鍋にホールトマトと揚げたニンニクを入れて弱火で煮ながら潰していく。
コンソメ2個を入れてよく煮込む。

このままひき肉入れてウスターソースで味付けすればミートソースにもなる。









炒めた肉と野菜を入れて、赤ワインを1本投入する。 ワインは300円程度で買える安いやつでいい。
ワインで煮るのは野菜や肉の旨味成分がアルコール分で溶け出しやすくなるのかもしれない。アルコールは蒸発してしまうが、旨味が汁に引き出るのだと思われる。
ローレルと鷹のツメを入れる。
煮立つと灰汁が出るのでよく取る事。







灰汁が出きったらウスターソースで味付けする。基本的に味付けはこれだけ。















隠し味にミルクチョコレートの板半分を入れる。
あとは蓋をして圧力を掛ける。弱火で加熱して、シューシューいいはじめたら数分まって火を止める。あまりシューシューやってると肉や野菜がスカスカになってしまうので注意。












出来上がり。今回もまあまあな出来か。
いつも分量は適当なので、その都度微妙に味が違う。

基本的に料理は投遣り良い加減適当w

シチューは多目に作っといて、余りは瓶詰めか冷凍しておくといい。少なく作るより多めに作った方が美味いし作りやすい。






15 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

オフん時は、スパゲティと一緒に
食べたけど、美味しかったよ。

ものずき さんのコメント...

あれ美味かったなw
スパゲティーと一緒に食べるってのは、今まで気が付かなかった・・・

匿名 さんのコメント...

スパゲティはシチューとよく
合ってたな。
茹で加減もあるけど、2杯も
食ったぞw
来年は、スジの煮凝りを
するかもしれんぞ

ものずき さんのコメント...

そりゃ楽しみだ。
スジの煮込みなら牛丼もいいなw

匿名 さんのコメント...

ご飯は、作るのが邪魔臭そうだなw

ものずき さんのコメント...

米研いで炊きゃいいんじゃね?

匿名 さんのコメント...

そうか、作りたい奴に
やらせりゃエエんやw
ところで、今晩はイカ釣りでも行くわw

ものずき さんのコメント...

H1のナイフできたんか?

匿名 さんのコメント...

ああ、イカ用に一つ作ったで。
一晩海水と海風に晒したけど、
全然錆びんw

ものずき さんのコメント...

H1はなかなかよさそうだね。
ただ、ヤスリで作るわけにはいかないのが難点だなw

匿名 さんのコメント...

海水でメンテナンスフリーなのは
大きな魅力やね。
硬さはHRC60あれば十分やけど、
チョッと低いみたいやね。

ものずき さんのコメント...

CRMO7とどっちがいいかだな。
硬さはH1の方が若干硬い様に感じるな。

匿名 さんのコメント...

硬さが同じならクロモやろうね。
削りたいように削って焼き入れ。
手っ取り早い。
しかし全く錆びんw

ものずき さんのコメント...

確かにヤスリで削れた方が、自由に形作れるからいいな。
CRMO7も水に漬けっぱなしにしても全然さびないんだよなw

匿名 さんのコメント...

海水ではどうなん?

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。