鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2012年7月7日土曜日

賭けに負けた・・・

R2の2.5incセミスキナーにヒルトのピン穴をあけようとしたら、焼が入っていてあかなかった・・・
R2の端材を熔接して作ってあった鋼材だったが、外形切り出しの時点で気が付いてはいたが、賭けのつもりで穴あけをやってみたが駄目だったw
2.5mm厚で、芯金は0.5mmちょいなのでいけるかと思ったが、やっぱり焼が入ってると硬くて歯が立たない。








超硬ドリル調達してあけるって手もあるが、そのためだけに高価なドリル買うのもなんだしな・・・
しょうがないから、ヒルトの穴を貫通させてから、皮金部に穴をほじっておいて、ピンを両側から挿して固定する事にした。ピンは位置決め程度にしか役に立たないが、無いよりかは少しはましか?
もっともハンドルで挟まってしまうので、接着だけでも十分だったが、穴あけちゃったからね・・・w

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

困った時の超硬先生。牛刀をペティにする時とかよく使います。ドラ

たかみ さんのコメント...

オクで探すと安く買えるかもしれません。

ものずき さんのコメント...

牛刀をペティにって、そんな改造よくやるんか?
超硬でも焼の入った鋼材あけるのは怖いなw

一本ぐらいは持っててもいいかな・・・
ちょっと探してみますw

匿名 さんのコメント...

ヒルトは別に作って、このヒルトは
グリップエンドにして、エンドで固定するとか
デ

ものずき さんのコメント...

タングはそんなに長くないだよ。
わざわざ作りなおす程の物じゃないしw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。