鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2012年8月12日日曜日

どんなのできるか・・・

ナイフメーカーの星山さんに何か彫ってもらえる事になったので、3incセミスキナーのハンドルを仕上る。
星山さんはラブレスファイターばかり作ってたメーカーだが、最近はエングレーブに凝っていて、その題材のためにフォールディングナイフも作る様になってしまった凄い人だ。
一見ごっつくておっかなそうなおっちゃんだが、気のいい兄貴なので、ナイフショーで会ってもビビる必要はないw






鍛造スキナーを星山さんに仕上てもらう。
この前のoff会で削ってもまだ分厚い。背厚で5mmもあったら、フラットにしても研ぎにくそうだった。
それならホローにしちゃえばいいかって事で、バーキングで削ってもらった。
さすがに焼入ってるブレードをホローに削る自信はないので、横で削ってるところを見せてもらう。
なるほどそうやって削るのか・・・
さすが動力機械は偉大だ。手でやってたらどうしたものかと悩むところだが、焼が入っていてもサラサラ削れるのだから凄い。
ざっくり仕上げがなかなかいい。炭素鋼だからこんな感じがいいねw
酔っぱらって削りすぎたところも何とかなったので一安心・・・
星山さん、ありがとさんでした~

まだまだ暑いね~

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

鍛造の切れ味は、また違った
カンジかな?
出来上がりが楽しみやねw
デ

ものずき さんのコメント...

どんな感じになるだろか?
楽しみだね~

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。