鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2012年8月15日水曜日

意外と染みるな・・・

前回の続き。
ハンドルの端面を加工。
バーキングのベルトはよく削れていい。


















鹿角だと後々縮む可能性があるので、ヒルトの間にスペーサーを入れる事にした。
隙間をごまかすみたいであまり好きではないが、縮んで隙間が開く事を考えれば、入れてみてもいいか。
試しで間に真鍮板を入れてみる。
この前のoff会で貰ってきたのが役に立つw
(gfdさん、ありがとさん~)









スペーサーと真鍮版は瞬間接着剤で、ヒルトにあらかじめ張付ける。


















いつもなら瞬間接着剤でハンドルを接着するが、今回は隙間が多いのでエポキシ接着剤を使う。


















接着剤が固まったら、タングの留めピンとソングホールをあける。



















ピンとパイプを付ける。



















ハンドルを成形する。
微妙な形の鹿角だったので、持ちやすい様に削ってると、表面を大分剥いでしまう事になった。

染料は大分深くまで染みた様だ。削った跡がまだらになってしまった。
角の組織は繊維状になっている様だ。
風雨に晒されていたためか、表面近くはスカスカになっていたのかもしれない。
スタッグが経年変化で飴色になるなんて話を聞くが、結構手の油が染み付いて色合いが変化するのかもしれない。

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

かなり深く浸透してますね。
玉葱の時はここまで深くは入らなかったような気がします。
煮込み時間が足りなかったのかな。

gfd さんのコメント...

スペーサが入ることで繊細な雰囲気が出ますね。
ブラス板、使っていただけるだけでうれしいです(^^)

ものずき さんのコメント...

新鮮な(?)鹿角は油分を多く含んでいて、滲みにくいのかもしれないですね。
煮るのも油分を抜く意味があるのかも。

スペーサーもこうして見るとなかなかいいですね。
真鍮の板と棒は有効に使わしてもらいますw




ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。