鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2012年12月18日火曜日

革がいい

 久しぶりにシースをタレに漬ける。
今年4本目の3incセミスキナーのシース。
なんとか今年中に出来上がるか?
ドブ付け仕上げは水に強くなっていい。
猟場で解体する場合、ろくに拭き取る事もせずシースにつっ込んで持って帰ってくる。
血糊や肉片が染み付いてどうしょもなくなるが、そんな時は水で丸洗いしている。
もともと油脂が十分含んでいるので、水はほとんど滲み込まない。
革は水に弱いとよく言われるが、やり方次第ではそんな事はないと思う。
十分な厚さの革で作れば、意外と強度もある。

やはりナイフのシースは革が好きだ。

4 件のコメント:

あひる さんのコメント...

ホントこの方法だと水にも強くなるし、汚れも付き難くなりますよね
さらに風合いも良い感じ~♪
おかげさまで、すっかりドブ漬け法マネっこさせてもらってます

ところでタレへの漬け込み時間なんですが、ワタシの場合シースから泡が出なくなる程度まで入れてますが
ものずきさんはどの程度の漬けてるんでしょうか?

ものずき さんのコメント...

あひるさんと同じ感じで、泡が出なくなるまで漬けてます。
芯まで染みるぐらいに、景気よく漬けちゃってますw

匿名 さんのコメント...

牛脂入れたらシースの牛度が上がるかもw美味しんぼ的には正しいwドラ

ものずき さんのコメント...

そのためにニートフットオイルがあるじゃんか。
牛さんから取った油だから、相性がいいんジャマイカw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。